焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳関東馬・入厩組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:6月13日の函館・遊楽部特別(丸山J)

田中博師「先週末に坂路コースで終い重点で時計を出しました。函館競馬場までの輸送を控えていましたので、無理をさせない程度に乗りましたが、それでもラスト1ハロンは12秒7とまずまず脚を伸ばせましたね。馬場も渋っていた中でしっかり最後まで良い形で走ることが出来ていましたから、動きに関して心配な面はここまでありません。予定通り2日に函館競馬場へ移動しており、向こうの環境に慣れた週末から時計を出したいと考えていますので、輸送による見えない疲れもあると思いますので、その辺りをしっかりケアしていき、来週のレースに備えます」(6/3近況)

助 手 30美坂良 61.5- 44.9- 29.6- 14.3 馬なり余力
助 手 31美坂稍 57.6- 41.3- 26.4- 12.4 馬なり余力 

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルラガッツォ

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第3回東京開催
・調教内容:4日に南Wコースで時計

稲垣師「初めての美浦トレセンでの調整になりますし、よく気を付けながら進めていますが、ここまでは特に精神的に変なところは見せていません。先週末には坂路コースでサラッと時計を出してみたのですが、トモの力強さに少し欠けるような印象を持ちました。そのトモの弱さが影響してか、前と後ろの連動性に欠け、馬体をしっかり使って走り切れていない感じです。4日には南Wコースで併せて追い切りを行い、道中はベルラガッツォが先導する形から、直線では外に進路を取って同入していますが、坂路での調教時と同様に後肢の踏み込みの甘さが感じられました。決して悪い動きではないのですが、そこが良くなればもっと良い走りが出来るようになりそうなので、意識して調整していきたいと思います。息の感じは悪くありませんし、第3回東京開催中には態勢が整うでしょうから、ダ2100mの番組を目指していければと考えています」(6/4近況)

調教師 4南W良 68.5- 53.2- 39.8- 12.5 馬なり余力 ロードレイライン新馬)末強めの外0.8秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは来週の函館戦へ向けて2日に到着した模様。ひとまず余裕を持たせていますが、その分を先週末にサラッと時計を出しているので、調整は順調に来ていると言えるでしょう。ピリピリした気性なので滞在競馬は合うと思いますが、どのくらいの負荷を掛けてレースへ望むかはポレンティアの様子を見ながら柔軟に対応してもらえればと思います。

ベルラガッツォは4日に美浦入り後の本格的な初時計をマーク。時計はそれなりに出ているように思いますが、トモの力強さに欠けるのが現状の成績に止まっているのでしょう。また、ここ2走は先行策の競馬を試みていましたが、トモの嵌りが良くなってくるまでは急かさない方が良さそう。そして性格的に馬群の外へ回した方が良さそうなのかなと考えます。