焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2~3歳・本州牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラスター

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~18秒ペース)。

○当地スタッフ 「坂路へ入れた後も両トモの緩さが目立ったまま。ショックウェーブを打って改善に努めています。続けて乗るとヘコ垂れそうな印象も受けるだけに、メニューに幅を持たせる形。厩舎側に意見を仰ぎつつ、馬自身の状態を優先して進めたいです」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「直近の計測時に500キロを少し上回る形。ようやく目標の数値へ届いてくれた為、7月26日(月)より坂路へ連れ出しています。ひとまずは丹念に18-18を続ける方針。ピッチを速めた際にどこまで馬体重を維持できるかが大事なポイントです」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアラビアン

千葉・ケイアイファーム在厩。引き運動30分。

○当地スタッフ 「午前と午後にそれぞれ15分の引き運動を行なっています。送風機やミストで対策を講じているものの、初めての本州の暑さに耐えられなかった模様。日によって体調に差が感じられる点を鑑み、獣医師のアドバイスに従って楽をさせる方針です」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラスターはトモの甘さを感じる為、この中間にショックウェーブ治療を実施。これで何とか好転していって欲しいですが、暑さも少し堪えてるのかなと想像します。また、29日の札幌・芝1500mを予定していますが、間に合うのかな?

ヴェルトハイムはようやく500キロまで馬体は到達。それを受け、坂路調教を開始しています。まずはコツコツ乗り込むことで下地を築き上げ、馬体に幅が出てくるように努めてもらいたいです。

アラビアンは腹痛防止の為、1日2回の引き運動を行っていますが、それ以外は馬房で静養して回復に努めている様子。まあ、暑い時季に動かしていっても同じ事の繰り返しだと思うので、涼しくなってからの再始動と腹を括った調整で良いのかなと思います。