焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳・北海道組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain サンクフィーユ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は477キロ。

○当地スタッフ 「計画に沿って7月3日(土)に攻めた後、飼い葉食いが結構細い感じに。一時的にダートとトレッドミルをメインに据えたメニューへ切り替え、疲労の払拭を優先しました。すぐに回復が叶った様子。改めてハロン13秒程度を定期的に織り交ぜています」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラプソディ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は490キロ。

○当地スタッフ 「7月に入ってからも概ね計画通りに進行。定期的に13-13も織り交ぜています。レディチャームの一族は背腰に反動が出易いタイプが多いだけに、その点に注意を払って管理。必要に応じてケアを施しているものの、現状においては許容範囲内でしょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードレアル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は475キロ。

○当地スタッフ 「7月に入ってからは週1、2回の頻度で15-15を消化しています。まだまだ乗り込む必要があるとは言え、少しずつ息遣いが良くなるなど鍛錬の成果が出ている印象。この先も慎重なスタンスを貫くと共に、秋を見据えてレベルアップを求めたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サンクフィーユはこの中間、カイ食いが落ちるも、早めに余裕を持たせて正解。通常メニューに戻っているので、緩急をつけた調教でトモの強化を念頭に鍛えていって欲しいです。

ラプソディは背腰に疲れが出やすい馬ですが、その弱点は血統面から把握できているのは○。他馬以上に入念なケアを行ってもらい、疲れの蓄積を回避していってもらえればと思います。あと、この母系はピリッとしやすいので、牡馬らしく堂々と構えることができるように成長していって欲しいものです。

レアルは焦る必要こそないも、7月に入ってから15-15の調教を開始。まだまだ動きに余裕はないでしょうし、動きの質もこれから。脚元に疲れを溜め込まないように注意しつつ、階段を上っていって欲しいです。