焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳・北海道組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain サンクフィーユ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。

○当地スタッフ 「キャトルフィーユの産駒としては芯が入っているものの、同期の2歳に比べるとまだ緩さを残す印象。血統的なモノと言えそうです。とてもイイ馬・・・との中内田調教師の言葉からも将来が有望な1頭。引き続き、13-13の稽古でも淡々と駆けています」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアラビアン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに強目のメニューをこなす形。暖かい気候に変わってからグングン調子を上げています。厩舎サイドと密に連絡を取りつつ、関東へ移すタイミングを探って行きたいところ。初めての長距離輸送に備え、健康管理を徹底しておきたいです」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラプソディ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク1500m→キャンター1000~1500m。

○当地スタッフ 「疲れが認められた右トモは回復傾向を示す他、気分転換も叶ったはず。トレッドミルの調教を再開してからも、今のところはスムーズに運んでいます。この先も日々のコンディションを注視。獣医師のアドバイスに従って段々と負荷を高める方針です」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードレアル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500m。

○当地スタッフ 「トレッドミルに限った話ながら、現在は同期の順調な馬達と同じメニュー。跨っていない状況でもキツい内容をこなしており、そろそろ次の段階へ踏み込めそうです。療養中に緩み切っていた外見も変わって来た感じ。少しずつ無駄肉が取れています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サンクフィーユは疲れが出ることなく、与えられた調教メニューをしっかりこなすことが出来ているのは○。この母系は牝馬の活躍が目立つので、兄2頭よりは頑張ってくれると思うのですが…。また、母系の傾向として周囲を気にするところがあり、やや前向きさにも欠けるところがあるので、集中して走れるように+自分からグイグイ引っ張っていけるように変わってきてもらいたいです。

アラビアンも調教メニューを順調に消化中。5月下旬頃の坂路の映像がアップされましたが、結構なペースで坂路を駆け上がっても、首をリズミカルに使って余裕のある脚色。芝の適性があるかは地味な母系なので言い切れませんが、ダートで潰しは利く筈。セール組ではやはりこの馬が1番かも。

ラプソディは騎乗運動をストップし、右トモの疲れは徐々に回復へ。余裕を持たせたことで落ち着きも幾らか戻ったことでしょう。あとはどのタイミングで騎乗運動を再開するかですが、獣医師と連携を取りつつ、万全を期してもらえればと思います。

トレッドミルでの運動は他馬とさほど見劣らないレアル。血統馬らしい素質は秘めていると思いますが、脚元の不安をしっかり拭い去ることが重要。そしてそれから騎乗運動での負荷をじわじわ高めていけるかどうか。そろそろ次の段階へ移行できそうですが、そのタイミングが難しいでしょうねえ。とにかく脚元の不安が再発しないようにお願いします。