焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

日曜日(7/11)の出資馬・出走結果

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ

日曜福島4R 3歳未勝利(ダ1150m)4着(7番人気) 木幡育J

引き続きブリンカー着用。プラス12キロ。真ん中の枠から促して5番手を取ります。直線へ入ってからもジリジリと脚を使い、転厩初戦で4着と健闘しています。

矢野調教師「今回は転厩初戦で手探りな部分があって、結果的にはプラス12キロでの出走となりましたが、決して太くは映らなかったと思いますし、ある程度自信を持って送り出すことが出来ました。レース内容に関しては、まずは発馬が上手く決まったことが大きかったですね。私もトレセンで乗った時に乗りやすさの中に良い前進気勢があると思っていたのですが、道中もそのような感じで上手く流れに乗れていましたし、最後までよく頑張ってくれたと思います。ただ、今日のレースぶりから終いビュンと伸びてくるタイプでは無いのかなと言う印象でしたから、前目に付けてひと脚を活かすような競馬が合っていそうです。木幡育也騎手の話では『やや距離は忙しかったかなと思いますが、良い競馬を見せてくれました。今日みたいな競馬であれば、メンバー次第で勝ちきるチャンスは十分ありそうです』とのことでした。この後については、優先出走権を獲ることが出来ましたので、このまま在厩で進めていく方向で考えているものの、最近はかなり暑くなってきましたし、レース後の疲れがこれから出てくるでしょうから、あくまでも馬の状態を最優先に考えていきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

矢野師「トレセンに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めてこれといった異常は見られませんでした。飼い葉も食べてくれていますし、今日から軽めの運動を行っていますが、これまでと比べるとレースの疲れから前捌きには硬さがありますね。優先出走権を獲りましたし、この後はこのまま使っていきたいところですが、もう少し馬体の回復具合を見ながら判断させていただければと考えています」(7/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアブソルート

7月11日(日)福島10R・天の川S・混合・ダ1700mに吉田豊Jで出走。15頭立て15番人気で8枠15番から平均ペースの道中を4、5、3、2番手と進み、直線では中央を通って1秒6差の8着でした。馬場は重。タイム1分45秒8、上がり39秒0。馬体重は増減無しの442キロでした。

○吉岡調教師 「前目で流れに乗って欲しい・・・との外枠を踏まえた作戦通りに運べたと思います。ただ、向正面でフワフワするなど、集中力が足りない部分を吉田豊騎手は指摘。気合いを付けるとしっかり駆けるとは言え、4コーナーで被せられた際もまた途切れてしまいました。真剣に走ることのできる時間が限られる点を考えれば、本当は1400mの方が望ましい感じ。しかしながら、クラスが上がって短距離はややスピード不足ですからね。次にどの条件を選んでも、直線だけ伸ばすレースを試みたいところ。立て続けに使っただけに、放牧を挟みましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。7月14日(水)に千葉・ケイアイファームへ移動して秋のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○吉岡調教師 「トレセンへ帰ってからも特に問題は無し。千葉のケイアイファームへ移してリフレッシュを図りましょう。この後のローカル開催中は休養に充て、秋の本場に組まれるレースを目指す方針。戻すタイミングについては回復具合を見ながら相談させてください」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードクラージュ

発馬機内で暴れた際に左後肢挫創を発症して7月11日(日)小倉12R・シンガポールターフクラブ賞・混合・ダ1000mを競走除外となりました。なお、枠内駐立不良で7月12日(月)から8月10日(火)まで出走停止。停止期間の満了後に発走調教再審査の制裁を受けました。

○安田調教師 「ゲート内で暴れて前扉に突進。その際に鼻筋を打ち、転んで左後肢に外傷も負ってしまいました。大事を取って除外されたものの、すぐに確かめた段階において深刻な問題は無さそう。ただ、出走停止に加え、発走再審査の制裁を受けています。レースを楽しみにされていた皆様には申し訳ないばかり。数日間は経過観察を続け、故障等の有無を細かく調べる方針です」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競走除外後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○安田調教師 「トレセンへ帰った後に一通りチェックしました。枠内で転んだ際の擦り傷が残る程度で、7月14日(水)の時点では歩様等も大丈夫。もう少しの間は手元で状態の把握に努め、問題が無いのを十分に確かめてから近郊牧場でリフレッシュを図ろうと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(7/11)に出走した出資馬の出走結果・レース回顧をまとめて。

ルージュセリーズは転厩緒戦で手探りな面は多かったと思いますが、プラス12キロでの出走に。数字を見た時は『アレ?』という気持ちはありましたが、丹念に乗り込みを重ねたことで太め感はなかったですし、気分良さそうにパドックを周回していたように感じました。

レースに関しては五分のスタートからやや促しながら前へ行く形になりましたが、ダートに入るとスピードの乗りが良くなって前々へ。ただ、向正面で外から寄られた際に少し怯む感じになって手綱を引いたのは残念。ここで躊躇せずに3番手を確保して立ち回ることができていれば、ちょっと結果は違ったかも。その後は一旦ブレーキを踏んだことで、促しながらの追走になってしまいましたが、直線でもジリジリと脚を伸ばして4着へ。前とは差があったので4着という結果を素直に喜べないところはあるも、これまでのレースでは最先着。未勝利脱出に希望を繋いだといったところでしょう。

レース後のルージュセリーズは一生懸命走ったことで脚捌きに硬いところは残るも、特に傷んだところはなし。食欲もそれなりにあるので、続戦できるレベルにあると思いますが、最終決定はもう少し様子を見てからになりそう。ただ、未勝利の身なので、1戦でも多くレースに使ってもらい、チャンスを得たいです。

ロードアブソルートは最下位に沈んだ前走から中1週での福島遠征。輸送で馬体が減ってしまうことを懸念しましたが、減らずにレースへ臨めたのは○。小回りコースでの大外枠は不利ですが、揉まれ弱いところのある馬なので、スムーズな競馬はしやすいかなと。力は秘めている馬なので気分良く運べばガラッと変わるかもと淡い期待も持っていました。

ただ、レースではヨレる形でゲートを出てしまったのが痛恨。その後、促して前へ行きましたが、ポジションを挽回するのに脚を使いましたし、やはり外々を回らされる形。ジリジリとスタミナを消費しつつのレースになりましたが、それでも4角を回ってくる時は内の先行馬たちを飲み込みそうな勢いはありました。ただ、スタミナを浪費していたことで直線での踏ん張りが利かず・足りず。そして外から交わされてしまうと集中力が途絶えてしまいました。着順は昇級して1番良かったですが、負け方はさほど変わっていないです。また、脚抜きの良い馬場で時計が速くなったのも厳しかったです。

レース後のアブソルートですが、特に異常は見当たらず。ただ、このまま使っていっても変わってくることはないので、14日に千葉・ケイアイファームへ戻してリフレッシュをを図ることに。また、外から交わされるとパタッと止めるところがあるので、今後は直線勝負に徹するように脚質転換を視野に。出遅れたことで結果的に差すことになった2勝クラスでのレースがあったので、案外スムーズに対応してくれるかなと思いますし、これをキッカケに再浮上して欲しいです。あとパドック等でのイレ込みに繋がりそうも、ブリンカー着用を検討もお願いします。

ダートへ戻し、1勝クラスを快勝してくれたロードクラージュ。気の悪さは相変わらずも、心身が噛み合えば良いパフォーマンスを見せてくれます。そして小倉・ダ1000mの適性の高さを感じた為、小倉に滞在しての連闘策で臨んだのですが…。

パドックでは外々を周回し、久々の勝利で自信を取り戻した感じに見えたのですが、ゲート内で暴れて馬体に故障を発症。まさかの競走除外になってしまいました。連闘策で気持ちに余裕がなくなっていたのかなあ…。

幸い、左トモの外傷は深刻なものではないようですが、出走停止に加え、発走再審査の制裁をもらいました。今後はもう少し様子を見てから一旦グリーンウッドへ。8月21日に2勝クラスの小倉・ダ1000mが組まれていますが、さすがにここへ間に合わすのは難しいかな? 難しい場合は予定を決めず、しっかり時間を設けて心身のリフレッシュを図るところから始めてもらいたいです。これがトラウマにならないようにお願いします。