焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

正直、前走時の方が状態は良さそうも、苦労を重ねながら力を出し切れる状態に。最内枠なのでスタートが1つ鍵になりますし、瞬発力勝負では分が悪いので、1歩早めに仕掛け、スムーズに手前を替えることも重要。そしてスピードの持続力が生きる競馬に持ち込みたい。☆サリオス

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜東京11R 安田記念(G1・芝1600m)1枠1番 松山J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計

堀師「2週前追い切りを消化した後に比べれば気にならない程度でしたが、先週の追い切り後は少し歩様の硬さが増してしまったため、念のために先週末は時計をマークしませんでした。2日には南Wコースで併せて追い切りを行っており、しっかり負荷を掛けるべく5ハロンから時計を出していますが、道中はサリオスが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は同入しています。トモの動きとリンクしている手前替えについては、2度合図を送る必要があったとは言え、外に馬を置けばスムーズに替えることが出来ていましたね。調教後の計測で馬体重は544キロと、太目感のないスタイルで推移していることから、おそらくマイナス体重での出走になると見ています。精神面にはフレッシュ感があって良い印象ですし、トモを含めて今の状態を維持していけるようにレース当日まで努めていきます。今回は実力が直結する東京マイルが舞台になってきますし、強い相手が揃っているものの、この馬の将来も左右される重要な一戦だと捉えていますから、ぜひとも良い結果を残したいと思っています」(6/3近況)

助 手 2南W良 70.6- 55.2- 40.1- 12.8 馬なり余力 ノックオンウッド(古馬1勝)馬なりの内0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京2日目(06月06日)
11R 安田記念(G1)
芝1600メートル 3歳上OP 指定 国際 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サリオス 牡4 58.0 松山弘平
2 2 ギベオン 牡6 58.0 西村淳也
3 3 ダイワキャグニー せ7 58.0 石橋脩
3 4 カラテ 牡5 58.0 菅原明良
4 5 グランアレグリア 牝5 56.0 C.ルメール
4 6 ダノンプレミアム 牡6 58.0 池添謙一
5 7 ラウダシオン 牡4 58.0 M.デムーロ
5 8 インディチャンプ 牡6 58.0 福永祐一
6 9 トーラスジェミニ 牡5 58.0 戸崎圭太
6 10 カデナ 牡7 58.0 武豊
7 11 ダノンキングリー 牡5 58.0 川田将雅
7 12 ケイデンスコール 牡5 58.0 岩田康誠
8 13 シュネルマイスター 牡3 54.0 横山武史
8 14 カテドラル 牡5 58.0 田辺裕信

○堀師 「心肺はできているので、体のこなしを優先して仕上げてきました。今回の結果は、この馬のキャリアに影響を及ぼすものなので、結果を出さないといけないし、その仕上がりにはあります。先週のジョッキー達の進路取りを見ると、馬場が悪い印象も受けましたが、当日は良馬場が見込めそうですからね」(日曜・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

安田記念】サリオスはWコースで追走から併入 堀調教師「東京の1600メートルはこの馬には言い訳できないコース」(スポーツ報知より)

第71回安田記念・G1(6月6日、東京・芝1600メートル)に出走するサリオス(牡4歳、美浦堀宣行厩舎、父ハーツクライ)が美浦・Wコースで最終追い切りを行った。

僚馬ノックオンウッド(3歳1勝クラス)を2馬身追走してスタート。3角半ばで内に潜り込み馬体を併せると、直線ではふらつく場面もあったが、手前を替えてからはしっかり加速し、併入に持ち込んだ。堀調教師は、「ほぼ先週で心肺機能はできているかなという印象だったので、今週は左回りなので最後の直線での右手前の変換とか、そのあたりを重点的に確認しました。1回目では替えなかったが、2回目で直線向いてほどなく替えたという形。外に馬がいたので、しっかり替えててくれたということは、この馬としては上出来だと思います」と振り返った。

重馬場だった前走の大阪杯(2000メートル)は5着に敗れたが、東京マイル戦は2戦2勝と舞台は好転する。トレーナーは、「(得意とは)一概にはいえないと思いますが、東京の1600はこの馬の力を出すことに何の問題もないコース。言い訳できないコースだと思っています」と話した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

安田記念】(1)サリオス 得意条件そろう、堀師「結果を出さないといけない」(スポニチより)

サリオスは坂路(4F70秒2)を駆け上がってからダートコースをゆったり周回した。左回り、1600メートルと得意条件がそろう古馬G1は国内では安田記念だけ。同馬にとって勝負の一戦だけに、堀師も「今回の結果は、この馬のキャリアに影響を及ぼすもの。結果を出さないといけない」と力が入る。前走は雨馬場に泣いた。陣営は良馬場を望んでいる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年の緒戦となった大阪杯はリフレッシュが叶い、ウィークポイントの右トモの状態がかなり良好。追い切りの動き・集中力が良く、デビュー以来、1番といえるデキで出走することは出来たのですが、道悪+距離の壁で最後は失速5着に沈んでしまいました。追い出してからちょっと内へ刺さったのも痛かったです。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。右トモに疲れが残り、トレッドミルで軽く動かしながら、まずは治療を最優先。徐々に良化が見られると周回コースでの乗り込み→坂路調教へと移行。負荷を高めていく中でトモに疲れが蓄積しなかったのは何より。ただ、前走時よりはクタクタした面が残り、帰厩後は再度右トモの治療・回復に時間を注いできました。

帰厩後の追い切りに関しては、レース2週前の追い切りがちょっとやり過ぎてしまい、ここ2週は日曜日に時計を出すことを回避。1週前追い切りは松山Jに感触を確かめて欲しかったのですが、木曜追いに切り替えたためにそれは叶わず。少しずつ誤算は生じていますが、週中の追い切りは併せ馬で負荷を掛けることができ、サリオスらしい力強いフットワークを見せてくれています。中身はしっかり整ったでしょう。ただ、最終追いはコーナーを回って直線へ向いた時に少し怯む感じがあって、バタバタしてしまったのは気になるところ。最内枠を引き当ててしまっただけに外から被せられての不安は残ります。

レースプランに関しては松山Jと堀師がしっかり打ち合わせてくれるので心配していませんが、どういう位置につけて競馬をするのかが気になるところ。グランアレグリアの前へつけるのかマークする形にするのか。良馬場でやれそうなのは良かったですが、時計が速くなり過ぎるとグランアレグリア・インディチャンプらには分が悪いかも。正直なところ、サリオスが勝ち切るシーンはなかなか想像できません。他力本願ですが、上位人気2頭が何かしらの要因でパフォーマンスを落としてくれて、チャンスが出てくるように思います。

まあ、まずは最内枠に入ったのでゲート内で待たされても集中力を保ち、互角のスタートは切って欲しいところ。そして道中はリズムよく追走し、1歩早めに仕掛けることで、手前をきっちり替え、スピードの持続力を最大限に生かして欲しいです。