焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・北海道組)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain メッセージソング(牡・藤岡)父ロードカナロアチアズメッセージ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~18秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースでハッキング2700m

担当者「この中間も坂路コースと周回コースでの運動を行っています。現在はさらに速い時計を出せるように次のステップを見据えたメニューを組んでおり、坂路では1ハロン目はゆっくりと入って行き、終いにかけて脚を伸ばすようなイメージで取り組んでいます。ここまで馬の成長に合わせて進めてきていることや、周回でも長めの距離をこなすように心掛けていることから、段々とスタミナが付いてきた印象がありますね。ただ、5月生まれということもあり、まだキ甲も抜けて来ておらず、本格的にしっかりしてくるのはこれからな感じがしますし、さらに一段階レベルアップ出来るようにこの調子で鍛えていきたいと思います。馬体重は508キロです」(6/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラシックステップ(牡・安田隆)父モーリス 母レッドジゼル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースでハッキング2700m

担当者「この中間も同様のメニューで調教を続けており、コンスタントに速い時計を出した後も疲れを見せることなく順調に進められています。週3回のうちの2回は坂路でハロン14秒まで負荷を掛けるようにしていますが、登坂回数を積み重ねていくにつれて動きが素軽くなり、自らハミを取って進んで行くほどです。それに伴って体つきも良くなり、芯が入って乗り易くなってきました。今後の課題を上げるとすれば、力み易いところがあり、前向き過ぎる性格なので、いかに落ち着いて調教に取り組めるかがカギになりますね。でも、ここまで気持ちが悪い方に向くことなく、前向きに調教に取り組めているのは良いことだと思いますし、心身ともに逞しく成長していますよ。このまま問題なければ、今月中には入厩に備えて本州へ移動させる方針なので、この調子で態勢を整えていければと思っています。馬体重は496キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カミニートデルレイ(牡・大久保)父ジャスタウェイ 母フェイトカラー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、週1回周回コースでハッキング3600m、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「引き続き左トモの状態が落ち着いていたことから、トレッドミルでキャンターを始めていましたが、その後も状態に変化はなかったので、5月下旬から周回コースでの乗り運動も再開しました。ここまで乗り運動のペースを少しずつ上げてきていますが、左トモに疲れが出ることなく進められています。思ったよりも休養期間が長引いてしまったので、馬体はかなり緩んでしまいましたが、再び疲れを溜めないよう慌てず慎重に立ち上げていきたいと思います。馬体重は496キロです」(6/1近況) 


f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ(牡・松下)父トーセンラー 母バシマー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「この中間も坂路コースと周回コースを併用して、しっかり乗り込まれています。調教ではグイグイと前に進んでいく感じがなく、ペースのコントロールがしやすく乗りやすいと感じますが、裏を返せば前進気勢があまりないということなので、坂路で15-15のペースになると少し促す必要があります。でもその位のペースであれば、少し促すだけで余裕をもって走れてしまいますね。気性面については、コースに向かう途中の常歩の時に自分からテンションが上がるということはないですが、周りの馬につられてテンションが上がることはあります。でも、馬房内で馬装をする時や、洗い場で洗う時もとても大人しく、人に対して反抗的な態度は微塵も見せず、騎乗中も感じることですが人に対して本当に従順な仔だと思います。課題は調教中の前進気勢だと思いますので、それを引き出せるように工夫していきたいですね。馬体重は466キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain インディゴブラック(牡・奥村豊)父キタサンブラック 母カーニバルダクス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13秒~15秒のキャンターを1~2本、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路コースを中心に調教を行っており、現在はハロン13秒まで進めています。問題なく速いペースに対応できていますし、併せ馬で登坂すると抑えっぱなしの手応えで最後まで走り切っていますよ。動きとしては脚捌きがバラバラになってしまうところがありますので、改善していく必要がありますね。それでも、相変わらず跳びが大きな走りですし、速い時計を余裕のある状態で計時できていますから、走るフォームがまとまってくれば更に良くなりそうですよ。馬体は大きくて体重はそれなりにあるのですが、シルエットとしてはまだ細長く見えるので、これからまだまだ変わってくれると思います。移動に向けて少しでも良い状態に仕上げていきます。馬体重は508キロです」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3歳世代と比べて、正直2歳世代は小粒な印象。戦力的にメッセージソングとクラシックステップには頑張ってもらって、OPクラスまで出世できるような活躍を思い描いています。逆に低迷してしまうと、辛い世代になってしまうかもしれません。

メッセージソング・クラシックステップ共にこの中間も順調に調教メニューを消化。気性面で幼いところはありますが、走りに関しては前向きに取り組めているのは○。色々と慣れさせていけば、操縦性は高まっていくと思います。

カミニートデルレイトレッドミルでの調整が続いていましたが、この中間から周回コースでの乗り運動を開始。ひとまず左トモに疲れが出ることなく進めることは出来ていますが、楽をさせた時期が長いですし、馬体も緩みまくり。ここは慎重を期して進めてもらい、まずは土台を築くことに専念して欲しいです。とにかく少しずつでも前進していきましょう。

カルトゥーシュは人に対して従順なのは良いことですが、その反面、走ることへの前向きさはだいぶ足りない様子。この感じだと競馬を理解せぬまま出走し、デビュー戦は後方のまま大敗という姿が見えてきてしまいます。走り自体は軽さがあるので、芝の実戦で良さそうではありますが…。今の内から工夫して、走ることへの意欲を高めていってもらいたいです。

インディゴブラックは父キタサンブラック彷彿させる馬体。背が高く、トビが大きいのは武器になってくるでしょう。ただ、調教動画を見ると、前捌きが少し緩慢なのか、力強く掻き込んで欲しいところ。まあ、それでも相応の時計が出ているので、身体能力は高いのかなあ? 正直なところ、掴みどころのない1頭です。これから良い方へ化けてきてくれることを願っています。