焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

土曜日(5/29)の出資馬・出走記事(シルク)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ

土曜東京5R 3歳未勝利(芝2000m)3枠5番 丸山J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に南Wコースで時計

宮田師「心配していた精神面ですが、先週末より少しずつ落ち着きが出てきて雰囲気としては悪くありません。前回続けて使った時に体が減っていたものの、今回は飼い葉もそれなりに食べられていますので、この感じであれば続戦しても良いでしょう。そこで、26日に南Wコースで単走での追い切りを行い、70-40くらいの時計をマークしています。今週出走することを踏まえてサラッ流す調教ではありましたが、力強さがありつつ1度使った効果でキレが増しているような走りでしたね。また、適度に気持ちが入っていますし、調教内容はとても良かったです。そこで、今週の想定を見て出走を検討した結果、5月29日の東京・芝2000mに調教で騎乗経験のある元気(丸山元気騎手)で臨むこととなりました。直線では良い脚を使ってくれるものの、エンジンの掛かりがやや遅いですので、それを意識して乗ってもらうつもりです」(5/27近況)

助 手 26南W良 70.4- 55.0- 40.6- 13.9 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンブロジオ

土曜中京10R 志摩S(芝1400m)7枠11番 菊沢J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に南Bコースで時計

菊沢師「26日に南Bコースで単走での追い切りを行いました。ここまで十分本数は積んでいますし、半マイルから時計を出す形を採っていて、ラスト1ハロンは強めに追って脚を伸ばすようにしています。変に気持ちが入り過ぎることなく、しっかりとコンタクトを取って走ることが出来ていましたし、脚取りも最後まで軽快で良い動きを見せてくれましたね。今回は1400mに距離が延びますが、ペースが遅そうなら前に付ければ良いですし、そうでなければ控えてと、レース自体は組み立てやすくなるのではと見ており、そこは乗り慣れた一樹が手綱を取ってくれますから、上手くエスコートしてくれると思っています。あとは中京競馬場までの輸送があるので、その点を上手くクリアして変に馬体を減らさずに出走できれば、楽しみはあると考えています」(5/26近況)

助 手 26南B良 53.8- 38.6- 12.4 直一杯追う

*~*~*~*~*~*~*~*~* 

土曜日(5/29)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。

約3ヶ月間、NF天栄で充電生活を送り、前走に臨んだノワールドゥジェ。その成果でプラス16キロと馬体の良化・成長を感じ取れましたし、前日入厩したことで落ち着きも十分。あとは結果を残すのみでしたが、Sペースに嵌ってしまって2着まで。勝ち馬は展開に恵まれた面もありますが、これまでの戦績から未勝利突破は時間の問題だったので致し方ないところ。スパッと切れる感じはなかったも、ゴール前で外から鋭く差し込んできたのは評価。これまでにはなかった姿でしたから。

その前走から中1週で臨む今回。まずはこの詰まったレース間隔がどう出るか。在厩調整で馬体の維持を考えると早めに使いたかったんでしょうが…。追い切りの動きからはデキ落ちの心配はなさそう。

レースは前走で踏み遅れるところがあったので、1つ前目のポジションから進めたいようですが、気分良く行かせると脚が溜まらない可能性も。丸山Jは追い切りでの騎乗経験はありますが、微妙なサジ加減を失敗しないようにお願いします。ここで一区切りを付けて欲しいですが、大崩れもして欲しくはありません。

先々週の中京・朱雀Sを除外になり、ここへ回ってきたアンブロジオ。前走の新潟戦は時計の掛かる馬場が味方したのは確かですが、芝1200mでの安定感を示してくれました。その前走から除外を経て中3週で臨む今回。追い切りの過程を見る限り、その影響は少なさそうですし、直前でじっかり追ってきたのは○。動きも悪くありません。

ただ、今回は1ハロン延びる1400m戦。以前は左回りの芝1400mがベスト条件でしたが、年齢とキャリアを経て1200mほどの安定感はなくなっています。外目で揉まれ込まずにレースを進められそうなのは良いのですが、道中で如何に脚を温存できるかどうかが大きなポイント。菊沢Jにはレースの流れに応じて、臨機応変に立ち回って欲しいです。

相手関係に目を遣ると、抜けた存在はいないも、人気を集める馬達はこの舞台が合っていそうですし、レースぶりにも安定感。アンブロジオがそこへ食い込んでいくのは展開に恵まれ、相当上手に乗らないと難しそう。ですので、1400mの今回は結果が優れなくても、それを悔やみ過ぎることはないと思います。あとはアンブロジオの意外性にちょこっとだけ期待して。