焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

土曜日(5/1)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

5月1日(土)東京4R・3歳未勝利・牝馬限定・芝1600mに石川Jで出走します。4月28日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は11時40分です。

○木村調教師 「4月28日(水)もウッドへ向かい、3頭で併せるパターン。最後は打ち合わせ通りに馬体を並べました。なかなか良い反応を示していた通り、本数を積みながら着実に上向いている印象。好結果を残せるように、レース当日までしっかり準備を整えたいです」

≪調教時計≫
21.04.28 助手 美南W良 69.3 54.4 39.9 12.8 直一杯追う ヴィントミューレ(3歳1勝)馬なりの外0秒4先行同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンブロジオ

土曜新潟11R バーデンバーデンC(芝1200m)8枠16番 菊沢J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に坂路コースで時計

菊沢師「その後は22日に南Wコースで70-40くらいのところをこなし、週末にも坂路コースで終いサッと脚を伸ばしています。そして、28日にも坂路コースで追い切りを行いました。単走で行い、ラスト1ハロンは少し促す形にはなったものの、最後までしっかりとした脚取りで駆け上がってきてくれましたね。無理はしていませんが、全体で52.1秒と良い時計でまとめることが出来ましたし、合格点を与えられる調教内容だったと思いますよ。気持ちの方も、追い切りになると、ややカッとして気が入る部分はあるものの許容範囲内ですし、普段は良い意味で落ち着きがあって、雰囲気は良さそうですね。頭数が多くて除外の可能性があったものの、無事に抽選をクリアすることが出来ました。状態は良いと思いますし、スムーズに流れに乗れれば、今回も良い走りを見せてくれると思います」(4/29近況)

助 手 25美坂良 58.2- 42.1- 27.3- 13.1 馬なり余力
助 手 28美坂良 52.1- 37.8- 24.8- 12.6 強めに追う

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードエース

5月1日(土)阪神11R・天王山S(OP)・国際・ダ1200mに川須Jで出走します。4月28日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は15時35分です。

○松下調教師 「4月28日(水)も序盤から行きっぷり上々。実際に跨って川須騎手も感覚を掴めたでしょう。見せ場を作れた前走。別定戦で斤量は増えるものの、今回も自分の形で運べれば・・・ですね」

≪調教時計≫
21.04.28 川 須 栗東坂良1回 55.3 39.9 25.9 13.1 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

土曜日(5/1)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。

ソレンニータは2月18日に帰厩し、2戦目へ向けてじっくり作り上げてきましたが、GOサインが出た4月の中山・マイル戦はフレグモーネを発症し自重。その後も在厩調整を行い、ようやく今週の土曜東京・芝1600m(牝馬)で2戦目を迎えることが出来ました。

トレセンでの調教・追い切りは非力さが目立つ為、追い切り本数を重ね、まずは体力強化を優先。その後は動きの質の良化を促してきました。確かに体力は備わりつつあるも、動きの質に関しては正直なところ一息。繊細な牝馬らしく食べたものがなかなか実にならないのがネックになっている印象。東京へのコース替わり+外枠はプラスだと思いますし、軽い芝で前進を見込みたいところ。ただ、正直なところ、ガラリ一変となると…。デビュー戦は9着に終わったので、まずはそれよりも上位の着順には来て欲しいです。

アンブロジオの前走は豪雨+極悪馬場に泣かされましたが、この馬なりに集中力を切らさずに6着まで差し込んできたことは一定の評価はしていいかと。このクラスを勝ち上がるにはワンパンチ欲しいも、1200mだと大崩れは考えにくくなっています。

前走後はNF天栄で再調整。ダメージがどこまで残るか心配でしたが、時間の経過と共にジワジワ上昇。何とか芝1200mのここへ間に合わせることが出来ました。

帰厩後は10日競馬での参戦となるので、追い切りでビシッとやることはなかったですが、計3本時計を出すことが出来ていますし、最終追いは坂路で上々の時計&動き。この馬らしいピリッとした感じが窺えるのも好印象です。

あとは新潟の芝と定量戦(57キロ)がどう結果に影響を及ぼすかですが、開催が進んで芝の悪化が目立ち過ぎているのは時計が掛かった方が良いアンブロジオには悪くないと思いますし、大外枠で揉まれないのも○。ただ、57キロを背負うことはマイナスですが、他馬も斤量を背負うので、そこまで気にし過ぎることはないのかなと思います。まあ、勝ち切るにはワンパンチ欲しいですが、13頭の除外が出る中で出走することができた幸運を味方に、悪くても掲示板には乗ってきて欲しいです。勿論、それ以上は大歓迎です。

ロードエースは中山・千葉Sを除外になりましたが、先週のオアシスSを除外になって発生した優先権を味方にここへ滑り込みセーフ。まずは適条件(ダ1200m)に使えるのは何よりです。中間の調整に関してですが、前走後も在厩調整で進められるも、先週は除外になることを見据えて時計を出さずにプール調教のみ。今週は坂路でサラッと追われていますが、それまでに10日以上時計を出していないのは理由が分かるとはいえ、印象は良くありません。状態面に関しては上積みはなく、脚捌きの硬さが目立たなければ良いのですが…。

また、今回の阪神・ダ1200mはオールダートでの1戦。最近は芝スタートでも行き脚が付くようになっている中、ダートからのスタートがどう出るか。個人的にはもっと楽に先行できるのかなと思っていますが、スタートで躓いてしまう懸念はあります。そこは川須Jには十分気をつけてもらいたいです。五分の発進を決めれば、スピードはある馬なので前々で追走は叶う筈。あとは直線へ向け、どこまで脚を温存できるかがポイントでしょう。前走は最後疲れてしまいましたが、直線を向いてひと伸びしようとするシーンがありましたし、OP2戦目で内容のあるレースが出来ました。まあ、それ以上となると簡単ではありませんが、川須Jとは手が合う感じがあるので、前走以上に見せ場を作ってもらい、上の着順で粘り込めることを願っています。