焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳牝馬・トレセン組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain グレイシャーパーク

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日に坂路コースで時計
・次走予定:5月9日の新潟・ダ1800m(斎藤J)

高橋忠師「右トモの球節外側に少し腫れが見られたので、獣医師に診てもらいましたが、調教を休ませるほどではなく、負荷を掛けた後も問題ありません。レース1週前ですので、29日の追い切りは坂路でしっかり負荷を掛けて時計を出しました。前日から降り続いている雨の影響で走りづらい馬場でしたが、その中でも最後までブレずに駆け上がってくれました。このひと追いでもう一段階上がってくると思いますし、週末にもさらっと時計を出して態勢を整えていきたいと思います」(4/29近況)

助 手 25栗坂良 58.9- 42.7- 27.3- 13.3 馬なり余力
難 波 29栗坂不 52.5- 38.5- 24.8- 12.3 一杯に追う

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計
・次走予定:5月15日の東京・芝1,800m、もしくは5月16日の東京・芝2,000m

宮田敬師「先週末から南Wコースでの調教を開始しており、70-40くらいの時計を出しています。道中は気分良く走っていましたし、全体的に動きは悪くありませんでしたが、やはり息遣いと言う点では物足りませんでしたね。そこで、29日にも同じく南Wコースでの追い切りを消化しており、ノワールドゥジェが誘導する形から、直線では外からしっかりと脚を伸ばして、最後は古馬2勝クラスのバイキングクラップと同入で終えています。追い切り時にはメンコを外しているのですが、これまでよりも周囲に対して過敏に反応することなく、気持ちが散漫になっていませんし、気性面での成長を感じます。息遣いも先週末の南Wコースでの調教時より良化していますね。また、現在の体重は485キロと前走で減った分は戻っているものの、トレセンへ入ってからは段々と減少していますので、今後も心身に余裕を持たせて進めていければと思います。再来週であれば十分仕上がると思いますので、今のところ5月15日の東京・芝1800m、もしくは5月16日の東京・芝2000mに向かいたいと考えています」

助 手 25南W良 70.1- 54.5- 40.7- 13.3 馬なり余力
助 手 29南W稍 68.7- 52.9- 39.8- 12.9 馬なり余力 バイキングクラップ(古馬2勝)馬なりの外0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グレイシャーパークは右トモの球節に腫れが出てしまいましたが、楽をさせるレベルではないということで、調教と追い切りは継続中。29日の追い切りは難波Jが乗ったとはいえ全体時計は優秀。ラスト2ハロンをしっかりまとめることができているのも好感。今の雰囲気なら予定どおりに来週の新潟戦へ臨めると思いますし、これまで通りにレースと放牧を繰り返しながら、着実にステップアップできそうです。距離も何とか辛抱して欲しい。

ノワールドゥジェは帰厩後、順調に追い切りを重ねていますが、息遣いに物足りなさを残す現状。そんな中、29日の追い切りでは古馬の2勝クラス・バイキングクラップとの併せ馬を敢行。最後まで食らい付くことができたのは〇。牝馬らしい繊細さは少しずつでも解消しています。身体能力の高さが魅力の1頭。広いコースに戻って、末脚を活かす競馬を心掛けてもらい、未勝利は近々勝ち上がってもらわないといけません。