焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(牝馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴィースバーデン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはトレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター1400mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「4月20日(火)に5ハロン66秒5、終い13秒2の時計をマークしました。抜群の手応えで回って来ても、自分から完全に止めて遅れた感じ。気持ちが散漫に映ります。一方、脚元や身体については大丈夫。栄養斑点が出るなど具合は良好です」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「定期的に強目の稽古を消化。週1回はハロン13秒レベルも行なっています。丹念にケアして持ち直した感じ。概ね順調ですね。検疫馬房が取れ次第、移動の連絡が届きそう。相応の調教量を積んで来ており、いつ声が掛かってもOKでしょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィースバーデンは引き続き状態面での不安は窺えないも、強めの調教を課した際、追ってからグッと来るところがもう1つ。どうも走ることが嫌になっている様子。帰厩後はブリンカーの装着を考えなければダメかなと思います。

フライングバレルは近々帰厩の声が届きそう。定期的に速いところを乗り込み、状態は着実にアップしていると思いますし、冬の小倉のようなことはなさそう。ただ、走る方へ気持ちが向いて来てくれないと変わり身は…。