焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳男馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に南Wコースで時計
・次走予定:4月24日の東京・ダ1600m(C.ルメールJ)

手塚師「先週見られた左前膝あたりの腫れについては、段々と引いてきていたため、先週末には南Wコースで70-40くらいの時計を出してみました。上がってきてからの歩様に問題はなく、このままレースに向けて進めていけそうだなと思っていたのですが、この中間に馬房内で暴れてしまい、その際に口内を切ってしまいました。その影響で前歯を2本抜歯する処置を行い、その後も体調等に問題はないものの、会員の皆様にはご心配をお掛けすることとなってしまい申し訳ございません。幸いにも、処置後も普段の様子と変わりがありませんし、予定通りこのまま来週の競馬に向けて進めていきたいと思い、14日には南Wコースで併せて追い切りを行っています。道中はアナンシエーションが先行して行き、直線では外に進路を取って、最後は同入しています。1週前追い切りになるので、終いはしっかりと追って負荷を掛けるようにしましたが、脚取りは力強かったですし、良い動きを見せてくれましたよ。追い切り後はゲートの確認を行っていて、さすがに強めの負荷を課した後で疲れもあったのでしょう、変にバタバタするところはありませんでした。ただ、まだ怪しいところがありますし、少しでも改善できるように今後も練習していきたいと思います。なお、鞍上は引き続きC.ルメール騎手に依頼しています」(4/15近況)

助 手 10南W良 69.2- 54.3- 40.1- 12.6 馬なり余力 アルビージャ(三歳1勝)馬なりの内0.6秒追走同入
助 手 14南W稍 66.5- 52.0- 38.2- 12.2 一杯に追う アルビージャ(三歳1勝)一杯の外0.6秒先行同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキーモー

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日に坂路コースで時計
・次走予定:5月9日の東京・ダ1600m(福永J)

松永幹師「先週末に帰厩し、翌日に坂路を15-14ぐらいの時計で駆け上がりました。そして14日には14-13のイメージで行ったところ、時計の掛かる馬場だった割には、想定していたより自然と時計が出ました。ただ、前走から間隔が空いているために、息づかいの感じや仕掛けてからの反応はまだまだと言った感じですから、もう少し本数を積み重ねてピリッとさせていかないといけませんね。左前脚の繋靭帯を痛めた経緯から、右回りコースより、左回りコースの方が負担も軽く済むでしょうから、このまま順調に仕上がれば5月9日の東京・ダ1600mに向かう予定です。なお、鞍上はデビュー戦で勝利へ導いてくれた福永騎手に引き続き依頼しています」(4/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:15日にCWコースで時計

藤原英師「15日にCWコースで追い切りました。道中は前で走っている3歳1勝クラスの馬を見ながら追走し、最後の直線も相手のペースに合わさず自分のリズムで走らせました。結果的に遅れる形になったものの、最後まで集中して走らせることに専念した結果なので、気にしなくていいでしょう。調教に対して前向きに乗り組めているのは良いことですし、ここから負荷を強めてどれだけしっかり動けるようになるか見極めていきたいと思います。具体的な予定はもう少し本数を積み重ねたうえで、検討していく方針です」(4/15近況)

助 手 11CW良 72.6- 55.5- 40.9- 13.8 馬なり余力
助 手 15CW良 85.1- 68.6- 53.3- 39.0- 13.0 馬なり余力 ゲヴィナー(三歳1勝)馬なりの内0.4秒追走0.6秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前膝の上の外側あたりに腫れを認め、軽めの調整へ切り替えられていたアナンシエーション。回復が遅いなら一旦放牧に出して立て直して欲しかったですが、腫れは段々引いてきたことから10日にWコースで追い切りを消化。その後の歩様も安定していることから出走へ向かうこととなりましたが、この中間に馬房でひと暴れ。脚をぶつけたりはなかったですが、その際に口内を切り、前歯を2本抜歯する処置を行ったとのこと。再度のトラブルとなりましたが、今はこの馬なりに落ち着きを取り戻しているようです。そして14日にレース1週前追い切りをWコースで行いましたが、動きは引き続き良好。正式に出走へGOサインが出た形です。鞍上の発表はここまでなかったですが、引き続きC.ルメールJが乗ってくれることになりました。トラブルが重なった中での出走となるので、ここはきっちり結果を出しておきたいです。

ラッキーモーは2戦目へ向け、段階的に坂路で時計を出していますが、ひとまず無難な対応。息遣いや反応の鋭さは本数を重ねて行けば、順当に良くなってくれるでしょう。また、早速その2戦目の予定が発表され、来月9日の東京・ダ1600mを目指すことに。鞍上は福永J。脚元を痛めた経過から左回りの方が現状負担が少なくすむと判断されたようです。追い切りは地味でも、実戦へ行って良いタイプなので、久々+昇級戦となる次走でどんな競馬を見せてくれるのか。不安はありますが、期待の方が大きいです。

ヒーズオールザットはCWコースで時計を重ねていますが、集中して走ることができるように教え込んでいる様子。ですので、併せ馬で遅れているのは気にしなくて良いと思います。肝心なのはここから次走へ向けての仕上げに入った段階でどこまで動けるか。今のところ良い雰囲気は感じませんが、根気強く接してもらい、少しでも良い方へ導いてもらいたいです。