焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・関西牡馬)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain メッセージソング(牡・藤岡)父ロードカナロアチアズメッセージ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本に周回コースでハッキング2700m、週2回周回コースでハッキング2700m

担当者「状態を見ながら徐々に運動量を増やしていますが、へこたれることもなくしっかりと運動を継続することが出来ています。現在は坂路でハロン16秒台前半までペースアップを上げていますが、柔らか味のある素軽い走りで登坂しているように問題なく対応してくれていますよ。課題は気性面ですね。テンションが上がりやすく、少しカリカリするところがあるので注意して騎乗しています。先月から尻っぱねなど集中力を欠く仕草は解消されてきて、日ごと集中力が増してきているのは良い傾向ですから、今後も無理強いしないようにしながらも騎乗時のコンタクトをしっかりととって改善に注力していきます。馬体重は506キロです」(4/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラシックステップ(牡・安田隆)父モーリス 母レッドジゼル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本に周回コースでハッキング2700m、週2回周回コースでハッキング2700m

担当者「この中間も右トモ飛節の状態に変わりはなく、順調に坂路調教のペースを上げて運動量も増やして乗り込むことが出来ています。現在は馬の状態に合わせて週3回の周回コースでハッキング2700m、坂路コースではハロン15~16秒のペースで1本の登坂を中心に行っていますが、脚元にいまのところ問題はなく負荷を高められる状態にあります。馬体も腹回りが引き締まって徐々にメリハリのある体つきになってきました。馬体が引き締まるとともに坂路でも素軽い動きが戻ってきましたし、動きに力強さも出てきているので、これから更に良くなってくると思います。今後もこの調子を維持するとともに更なる良化を促していきます。馬体重は489キロです」(4/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カミニートデルレイ(牡・大久保)父ジャスタウェイ 母フェイトカラー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回周回コースでハッキング2700m、週1回周回コースで軽めのキャンター2700m、週4回トレッドミル

担当者「この中間も他の馬と比較すると軽めのメニューで調教を進めていますが、少しずつ体調は上向いてきているものの、体の張り・艶ともに一息なので、リフレッシュ期間を設けながら進めるようにしています。一息入れる前は坂路で週2回ハロン15秒のペースで登坂するようにしていましたが、体力・筋力共にまだ物足りなさが感じられましたので、馬の状態に合わせながらじっくり時間を掛けて鍛えていきます。飼い葉は食べているものの、まだ身になってこないので、引き続き治療薬を投与しながらコンディションを整えていきたいと思います。馬体重は472キロです」(4/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain コンジャンクション(牡・池添学)父ルーラーシップ 母グリューネワルト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本+周回コースで軽めのキャンター2700m、週1回屋内坂路コースで15~17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、週1回トレッドミル

担当者「以前よりも力がついて、ムラなく動けるようになってきたことから、この中間はより負荷を強めたメニューで乗り運動を行っています。現在は週3回坂路に入れていますが、その内の2回は15-15から、ハロン14秒までペースを上げて負荷を掛けています。非常に前向きさがあって、最後まで良い手応えで駆け上がっていますし、こちらの期待通りに順調に進められていますよ。この中間にゲートの駐立やトレッドミルで慣らしを行っていますが、煩いところを見せることなく、落ち着いて取り組むことが出来ています。この調子で本州への移動に備えて更に良化を促していければと思っています」馬体重は482キロです」(4/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ(牡・松下)父トーセンラー 母バシマー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンターを2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1500m、残りの日程は軽めの調整

担当者「この中間はトレッドミル、ウォーキングマシンでのリフレッシュメニューを取り入れつつ、坂路と周回コースを織り交ぜて調教を行っています。跨った感触としては、この馬なりにコントロールがしやすく動けるようになってきたのは、成長してくれている証だと思います。ただ、常歩において乗り手のプレッシャーを感じると硬直してしまうなど、精神面での敏感な部分はまだありますね。馬体については少しずつ良化をしているものの、まだ大きな変化ではありません。これまでは毛が長かったせいか、見た目が太い印象もありましたが、毛が抜けてきて背も伸びてきたことで、少し幼さが抜けてきた感じですね。今後については、引き続き精神面での成長を促す意味でも、坂路調教で負荷をかけつつ馬の反応や変化を見ていきたいと思います。馬体重は454キロです」(4/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メッセージソングは気性面が実戦で足を引っ張りそうな雰囲気ですが、骨折で出遅れながらも体力面はしっかり。動きそのものも悪くありません。あとは他馬に左右されるなくなく、走りに集中力を増すように色々考えていってもらいたいです。走ることが嫌にならないようにお願いします。

ラシックステップの課題も気性面。こちらは臆病な面が解消し切れないでいます。まあ、慎重なことは悪くないので、1度学習したことはしっかり吸収できるような賢さを伺わせて、安心させてもらいたいです。

カミニートデルレイは引き続き軽めの調整。少しずつ上向き加減も、体の張りや艶はもう1つ。早めに余裕を持たせることで大きな落ち込みにならないようにしてもらえればと…。体調が整ってくれば、動きにも良い変化が見られると思いたいです。

気性面で大きな課題が出てこなければ、牡馬の中で1番期待できそうなのがコンジャンクション。この時期に負荷を高めながら、着実に動き等に進歩が見られるのは本物と見たいです。また、このまま順調に乗り込むことができれば、GW前後に移動となりそう。あとは無駄な怪我をしないように油断禁物です。

カルトゥーシュは過度に敏感なのが厄介。調教動画を見ても、馬体を離した形で3頭で登坂するなど配慮が見て取れます。少しずつ慣れていくしか手はないと思いますが、走ることが嫌にならないよう、適度な前向きさはキープし続けて欲しいです。ひと夏越してからガラッと変わってくることを念じておきたいです。