焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain メッセージソング

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースでハッキング2700m

担当者「ハロン15秒ペースではだいぶこちらの意図した通りの動きが出来るようになってきていますし、この中間から日によってはハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。元々素軽い走りが出来るタイプですし、ペースアップ後も良い手応えを保って登坂することが出来ています。気性面では相変わらずカリカリしやすくて幼いところが見受けられますが、背中が柔らかくて伸びのあるキャンターが出来るのがこの馬の長所ですね。負荷を強めることが出来ているように、段々と体力が付いてきていますし、それに伴って調教後の息の戻りも早くなってきています。出来れば来月中に移動の目途を立てられればと考えていますので、この調子で基礎強化に努めていきたいですね。馬体重は514キロです」(6/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カミニートデルレイ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本と周回コースでハッキング3600m、週1回屋内坂路コースでハロン17~20秒のキャンター2本と周回コースでハッキング3600m、週2回トレッドミルでキャンター

担当者「その後も状態に変化はなかったので坂路調教を開始しており、6月上旬からはハロン15秒まで進めています。また、ハッキング程度ではあるものの、周回コースでの長距離の乗り運動も併用して、体力強化を図っています。まだ馬体には余裕があるものの、乗り運動を続け、少しずつ運動量も増やしていることで徐々に締まってきましたね。乗り出し当初は元気が有り余っている感じでしたが、これも調教負荷が上がってきてからは、だいぶ落ち着きが出てきましたよ。今のところ左トモの状態にも変化はありませんが、当面は慎重にじっくりと進めていく方針です。馬体重は498キロです」(6/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「その後も順調に調教を消化し、坂路調教ではハロン15秒中心のメニューに切り替えています。相変わらず操縦性が高く、良いフットワークで駆け上がっていますよ。一時期、お尻や四肢に皮膚病が見られましたが、すでに完治しつつあります。また、背腰に少し疲れが見られますので、適度に調教強度を調整していきたいと思いますが、それらの点以外は体調面に気になるところはありません。調教中も普段も人に対して従順で、レースに行っても引っかかったり、真面目に走らなかったりということはないでしょうし、ある程度思い描いた通りのレースプランで走れると思いますよ。欲を言うならば、走る時も歩く時ももう少しハミを取ってほしいところです。前向きな気持ちがあまりなくても目標のタイムは軽く出るのですが、もうすこし前への気持ちや負けん気が出てくると、更に良くなるのではと感じています。今の様子だと、テンからのスピードはあまり速くないのかなと思うので、距離はある程度ある方が良いでしょうし、後半に向けて長く良い脚を使うタイプではないかと思います。馬体重は469キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メッセージソングはコンスタントにハロン15秒の調教を消化。そして思惑通り、動きの質は良くなっています。この感じで進めて行ければ7月に入れば新たな動き(入厩)が出てくることでしょう。また、コツコツ乗り込むことで子供っぽさが目立つ気性面が大人になってきて欲しいです。

周回コースでの調教が再開したカミニートデルレイ。この中間は更に1歩前進する形で坂路調教を開始。順調にペースを上げることも出来ています。そしてそれに並行する形で体力強化のメニューを消化。まだまだ慎重を期して前へ進めて行かないとダメですが、馬の雰囲気はかなり良化。本数を重ねながら、動きの質を高めてもらえればと思います。もう足踏みはしないように。

カルトゥーシュは体質面での弱さをチラチラ感じさせますが、騎乗運動をストップするほどのものではありません。また、動きに関しては操縦性の高さは魅力。あとは走ることに対して気持ちが薄いので、少しずつでも闘争心を引き出せるように工夫していってもらわないといけません。