焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

1200mに戻って前進を期待したいも、中1週のローテで中京遠征。テンションが高くなり過ぎなければ良いのですが…。また、18頭立てというのもこの馬には厄介。自分のリズムを大事に走ってもらい、少しでも上の順位を目指して欲しい。★アンブロジオ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンブロジオ(セ・菊沢)父ローズキングダムアンティフォナ

土曜中京11R 浜松S(芝1200m)3枠6番 菊沢J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に北Cコースで時計

菊沢師「前走後は軽めの乗り運動で様子を見てきましたが、特に問題はなかったので、2日に北Cコースで追い切りを行いました。前走から中1週と間隔が詰まっていますし、無理せず単走で55-40くらいのところでサッと脚を伸ばす程度の調整で終えています。どちらかと言うと日頃はテンションの高いタイプですし、特に全休日明けの1日には元気なところを見せていましたが、追い切りでは落ち着いて走ることが出来ており、良い意味でこれまでと変わりない動きだったと思います。除外の心配もありましたが、12月5日の中京・浜松Sに一樹(菊沢一樹騎手)で無事に出走が確定しました。中京競馬場での勝ち星こそないものの、これまでの3勝は全て左回りで挙げていますし、1200mに戻る今回は巻き返しを期待しています」(12/3近況)

助 手 2北C良 54.3- 39.4- 12.7 末強め追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 第3回中京1日目(12月05日)
11R 浜松S
芝1200メートル 3歳上3勝クラス 混合 ハンデ 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 メイショウカリン 牝6 53.0 斎藤新
1 2 クーファウェヌス 牝5 54.0 吉田隼人
2 3 マルカテノール 牡6 53.0 秋山稔樹
2 4 スカイパッション 牝8 50.0 亀田温心
3 5 ハーフバック 牝4 52.0 高倉稜
3 6 アンブロジオ セ5 55.0 菊沢一樹
4 7 シャイニーロック 牡4 55.0 荻野極
4 8 スギノヴォルケーノ 牡4 55.0 菱田裕二
5 9 ショウナンアリアナ 牝4 54.0 浜中俊
5 10 ナーゲルリング 牝4 51.0 山田敬士
6 11 ペイシャドリーム 牝4 53.0 的場勇人
6 12 イーサンパンサー 牡4 55.0 岩田望来
7 13 ケイアイサクソニー 牡4 55.0 藤懸貴志
7 14 アリア 牝5 52.0 竹之下智昭
7 15 メイショウミモザ 牝3 53.0 藤岡康太
8 16 グッドジュエリー 牝5 53.0 川島信二
8 17 ビアイ 牝3 52.0 小崎綾也
8 18 ダイトウキョウ 牡8 53.0 柴山雄一 

○菊沢師 「前走は流れに乗っていい競馬ができたが、あれ以上の脚は使えないからね。決め手の差が出た。状態は引き続きいいし、1400mより1200mの方がいいから、あとはうまく馬群を捌ければ前進が可能」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は若かりし頃に相性の良かった東京・芝1400mでの出走となったアンブロジオ。五分のスタートから内々をロスなく立ち回ってくれたのですが、直線でいざ追われてから大してギアは変わらず。他馬を気にする面が出たかもしれませんが、Sペースの瞬発力勝負では決め手に欠けるこの馬には辛かったです。ただ、10着といえ勝ち馬とはコンマ5秒差。悲観する敗戦ではなかったです。

また、前走の走りを見る限り、芝1200mに使い続けて、Hペースによる差し・追い込み馬有利の流れになるのを待った方が良さそう。それに基づいて今回は芝1200mのここへ使ってきましたが、今度は中1週のローテがどう響くか。テンションが上がりやすく、中京への輸送が控えていることから、中間の追い切りは1本のみで半マイルからサラッと息を整える程度。状態面の上積みは期待できないでしょう。また、開幕週の馬場で速い時計を要求されると厳しいです。

展開や相手関係の恩恵があれば上位へ食い込む余地は出てくるのですが、18頭立てを捌いて伸びてくるイメージは正直ないです。もう少し頭数は落ち着いて欲しいところ。菊沢Jにはアンブロジオの良さを引き出すことに専念してもらい、少しでも上の順位を目指して乗ってきてもらえればと思います。