焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF天栄組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「ハロン14秒での動きは良い意味で安定してきていますし、今週から週1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだペースを上げ出したばかりなので、息の戻り等には良化の余地を残していますが、まずまず対応できていますし、この調子でさらに負荷を強めていくことも検討しています。馬体重は494キロです」(10/30近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト

在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「ハロン14秒ペースで乗っていても脚元の状態は落ち着いていますし、今週から終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も相変わらず手応え良く最後まで駆け上がれていますし、このまま次に向けて中身を整えていければと思います。馬体重は430キロです」(10/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ドゥラモンドはハロン14秒のペースで週3回坂路で乗り込まれ、その内1回は13秒まで伸ばすことに。難なく対応とまでは行かないも、本数を重ねていけば余裕が出てくるでしょう。また、負荷を高めながら、馬体重をしっかり維持できているのは成長を感じます。

セラフィナイトは調教の負荷を高めても、脚元に悪い変化は見られず。デビュー戦後の右膝の腫れはやはり一過性のものだったんでしょう。また、調教では相変わらず良い動きを見せていますが、馬体重に関してはもっともっと増えてきて欲しいです。