焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

タフな馬場でのスタミナに不安を覚えるも、暑い時季は大好きで状態はかなり良さそう。前走は2番手からの競馬でしたが、ここは気分良く逃げて粘り込みを図って欲しい。☆シングルアップ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜阪神1R 障害3歳上OP(障3110m)6枠7番 森 一J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:8日にポリトラックコースで追い切り

寺島師「飛越に関して心配するところが無いので、8日は練習を行わずにポリトラックコースで時計を出しました。テンからやる気を見せて前半は時計が速くなった分、ラスト1ハロンは掛かってしまいました。でも、馬にとってはガス抜きが出来て良い調教内容だったと思います。今回も良い状態で牧場から戻ってきたことから、馬体の張り・艶がとても良いですし、状態としては前走以上の手応えを感じています。障害OPに上がってから2戦目でクラスに慣れてくれましたし、前走のようにリラックスして立ち回ることが出来ればここでも良い競馬をしてくれるはずなので、今回も自分のリズムを大事にしながらレースを運んでもらいたいと思っています」(7/9近況)

助 手 5栗坂重 57.8- 42.2- 27.8- 13.6 馬なり余力
森 一 8栗P良 76.4- 63.6- 51.6- 39.5- 12.9 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回阪神3日目(07月11日)
1R 障害3歳上OP
障3110メートル 混合 別定 発走10:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 メイショウゴウリキ 牡5 60 小坂忠士
2 2 プレシャスタイム 牡7 60 佐久間寛志
3 3 スズカマイゲスト 牡6 60 北沢伸也
4 4 ブレスアロット 牡7 60 伴啓太
5 5 レンジストライク 牡5 60 石神深一
6 6 メイショウオトコギ せ11 61 西谷誠
6 7 シングルアップ 牡4 60 森一馬
7 8 シゲルロウニンアジ 牡7 60 高田潤
7 9 ノーザンクリス 牡5 60 五十嵐雄祐
8 10 シゲルコング 牡6 60 草野太郎
8 11 シゲルピーマン せ5 61 植野貴也

○寺島師 「2着馬もすぐ勝ったし、OPでやれる手応えは掴みました。勝ち気で久々も苦にしないし、仕上がりは上々です」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

障害での初勝利を掴んだ後、昇級戦として臨んだ前々走のOP特別ではキャリアの浅さを露呈したシングルアップ。OPで通用するには少し時間が掛かるかなと見ていましたが、前走でスピードが生きる置き障害のローカル場所(中京)へ舞台を移すと、即巻き返しに成功。

序盤で行きたがる面があるので、理想はハナへ行くことだと思うのですが、2番手で何とか収まりをつけて追走。そして残り2つの障害といったところで先頭へ躍り出ましたが、速い流れを追い掛けたこと+序盤の力みが足を引っ張る形でもうひと押しが利かず。また、元々、短い距離を使ってきていた馬なので障害向きのスタミナはこれから付けていくという段階。最後は苦しくなってしまいましたが、交わされてからも渋太く頑張っていたので、レースぶりは負けて強しといえるものだったと思います。

その後は一息入れて春の新潟へ転戦予定でしたが、NFしがらきでの調整中に寒暖の差から咳をする仕草が目に付くようになり、詳しく検査を行ったところで喉に炎症を確認。吸引治療を繰り返し行うことで回復に努めてきましたが、急仕上げになってしまうので自重。その後は咳の心配が落ち着くまでは控え目な調整に終始し、不安がなくなってきた5月末から徐々に調教の負荷を高めることが出来ました。そしてここを復帰戦に定め、逆算する形で先月20日に帰厩しています。

普段よりも牧場でしっかり速いところを乗り込んできた甲斐があって、追い切りではテンから行っても最後まで渋太さを発揮。また、以前よりも幾らか抑えが利くようにもなっています。このあたりは地道に成長を遂げていると言えるでしょう。一頓挫あって、レース間隔は開きましたが、ここへ向けての仕上がりはかなり良さそう。蒸し暑い気候を苦にする馬は多いですが、シングルアップは2歳の夏に新馬→特別戦と連勝しているように代謝が良くなるこの時期は得意。この差をレースの結果に繋げたいです。

相手関係に目を遣ると、TMの評価が高いのはキャリアの浅い馬たち。これから伸びゆく素材ですが、現状の力を比較するのはなかなか困難。キャリアを武器に高齢馬が食い込んでくるかもしれません。また、最近は雨が続いているので、タフな馬場への適性・対応力が問われるでしょうねえ。その点。シングルアップは540キロ前後の大型馬。道悪自体ははさほど苦にしないと思いますが、スタミナは豊富とは言えないので、どこまで辛抱できるか。

前走では2番手の競馬で頑張ってくれましたが、ここは気分良く走らせることを優先してハナへ行って欲しいです。これまで通りのスタートなら楽に行ける筈です。阪神コースは初めてですが、襷コースに戸惑うことはないと思います。前走で2着争いをしたマイネルレオーネはその後にOPを勝ち、前走の京都ハイジャンプでは4着と好走。シングルアップも同じくらいやれる力はあると信じたいので、力関係を掴みにくい1戦ですが、勝ち負けの争いには加わって欲しいです。内容も問いたいですが、勿論ベストは勝って賞金を加算したいです。