焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

日曜日(8/8)の出資馬・出走結果

f:id:yakifish:20200513045835g:plain オリーヴベリー

日曜新潟1R 2歳未勝利(芝1200m)13着(6番人気) 菅原明J

シャドーロール着用。大外枠からスタートを五分に決めますが、押しながら中団辺りを追走します。勝負所から外目を通ってジリジリ差を詰めてこようとするも、直線半ばで脚が止まり、後方でゴールしています。

武市調教師「前回は最内枠で少し制御不能になる部分があったものの、今回は大外枠で揉まれない競馬でしたので、道中は折り合いを欠くことなくスムーズに進めることが出来たのかなと思います。しかし、距離を縮めたことでスタートしてから促していかないといけませんでしたし、大外枠だったことでロスのあるレースとなってしまい、最後は脚が上がりましたね。上位のほとんどが前にいるか内にいた馬たちでの決着となりましたから、この馬にとって展開的にも厳しかったと思います。騎乗した菅原明良騎手は『スタートしてから出していかないとポジションが取れない感じで、追走に苦労しました。3~4コーナーでも大外からなし崩しに脚を使わされる形となり、さすがに終いは甘くなってしまいましたね。それでもハミのモタれや道中の折り合いなどは問題ありませんでしたし、内容としては悪くなかったと思いますよ』と話していました。また、調教時に頭が高くてフォームが沈まなかったので、シャドーロールを着用させてもらったのですが、菅原騎手によると『攻め馬に乗せてもらった時よりも良いフォームでしたし、追ってから頭が浮くことは無かったですね。少なくとも今日は効果があったと思いますよ』とのことでした。朝一番のレースとは言え、蒸し暑かったですし、輸送も含めてそれなりに疲れはあると思いますから一旦牧場へお返ししたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/13日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

武市康男調教師「先週は大外枠かつ初めてのスプリント戦になりましたので、道中は付いていくのに苦労してしまいましたね。トレセンへ戻ってきてよく馬体を確認したのですが、脚元を含めて特に気になる部分はありませんでした。しかし、まだ心身の成長は必要ですし、この暑い時期に無理して使う必要はありませんので、一旦放牧に出させていただきます」(8/11近況)

⇒⇒13日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(13日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスターサファリ

 ※別記事にて記載済

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ

日曜新潟7R 3歳1勝クラス(ダ1200m)10着(5番人気) 角田J

まずまずのスタートから促しながら先団やや後方で流れに乗ります。そのまま最後の直線コースへ向き、懸命に追われますが、目立つほどの伸び脚は見られず、流れ込むようにゴールしています。

池添学調教師「新潟競馬場までの輸送を踏まえて仕上げましたが、想定していたよりやや体重が増えてしまいましたね。でも、決して太くは映らなかったですし、それだけ良い状態で臨めたということなのかもしれません。前走の反省を踏まえてこの中間はゲート練習を行っていましたが、大人しく駐立出来ていましたし、出の反応もまずまず良かったですから、練習の成果が表れましたね。ただ、レースでは流れに乗れていたものの、ペースが緩まず高速決着となってしまった為に、息を入れる余裕がなく、最後はジリジリとしか伸びてくれませんでした。それに、未勝利戦を勝ち上がった時は脚抜きの良い馬場でしたから、今日のようなパサパサの馬場も合わなかったのかもしれません。レース後、角田騎手にどうだったか確認したところ、『ゲートの中では大人しくしていましたし、出の反応も良かったですよ。最初の内は流れに乗れていたものの、勝負どころで少し置かれ気味になり、最後はジリジリとしか伸びてくれませんでした』とコメントしていました。着順は振るわなかったものの、精神面の成長が感じられましたから、次走も同じような雰囲気で臨めるよう努めていきたいと思います。この後については、トレセンに戻って状態を確認してからになりますが、優先出走権を獲ることが叶わなかったので、一旦放牧に出して次走に備える方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/12日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

池添学師「新潟競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて目立った疲労はありませんでしたが、この後は一旦放牧に出して次走に備える予定です。左回りコースでも上手に走ってくれるようになりましたが、前走のようにパサパサの馬場で、尚且つ時計が速くなってしまうと、自分の競馬をさせてもらえないですね。展開や条件に左右されますが、イルデレーヴなりに成長しているのは確かですから、本格化するまで大事に育てていきたいと思います。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら検討していきたいと思います」(8/11近況)

⇒⇒12日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(12日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(8/8)に出走した出資馬のレース回顧をまとめて。

オリーヴベリーはデビュー戦8着の後、放牧を挟んで2戦目のここへ。今回はシャドーロールを着用してきましたが、パドックではマズマズ落ち着き払っていたと思います。

レースでは上々の発馬を決めるも、二の脚がやや物足りず、テンの速い馬達に若干置かれる感じ。道中の走りっぷりはデビュー戦のように頭を上げたりせず、シャドーロールの効果は出ているように思いましたが、大外枠が災いして終始外々を回らされることに。それによって脚をなし崩しに使ってしまったオリーヴベリーですが、直線の走りは上に力が逃げる感じでジリジリという伸び。最後は苦しくなってしまい、着順を悪くしてしまいました。もう少し追走が楽な距離を使って脚を温存。直線での勝負に挑めるようになれれば。

レース後のオリーヴベリーですが、目立った疲れ等はなし。ただ、現状のままで使っていっても結果は伴わないので、一旦放牧に出して、心身の成長を促すことになりました。個人的には腰を据えて3~4ヶ月間を掛けて鍛え直す時間を設けても良いのかなと…。前向きな気持ちに体の成長がそろそろ伴ってきて欲しいです。

先週の競馬を除外になり、出走が叶った今週も除外の可能性があったイルデレーヴ。先週のレースを目標にきっちり仕上げたということで、今週は状態維持を意識してサラッとした追い切りで臨みましたが、プラス10キロでの出走。輸送で減ることを想定していたのかなと思いますが、結果として余裕残しでの出走へ。

レースでも太目が影響したのか、二の脚が平凡でしたし、他馬のスピードに対応できないまま、馬群で揉まれ込む形。終始ピリッとしたところがなかったですし、鞍上との息もチグハグ。3キロ減の恩恵は大きな助けになると思っていたのですが…。パサパサのダートは悪くないと思うのですが、時計への対応力に課題を残す競馬になってしまいました。

レース後のイルデレーヴですが、脚元は大丈夫そうですし、クタッとした感じはなし。ただ、このまま続戦していっても結果はそう変わらないと思いますし、出走が叶うには相応のレース間隔が必要。12日にNFしがらきへ移動済で、疲れを取り除くことが出来た後はコツコツ乗り進め、心身の更なる成長を叶えてもらいたいです。また、近い内に1度芝の走りを確かめてみても良いのかも。今の感じでは正直適性は低いかもしれませんが、まずは実際に確かめてもらえればと思います。