焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【近況】次走は年明け10日の京都・シンザン記念を予定しています。

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路入り後も特に問題はなかったので、今週から坂路コースのペースをハロン14秒まで上げています。左前脚についても状態が悪くなることはありませんし、動きの方もしっかりとしていますから、さらなるペースアップを視野に入れていけそうですよ。馬体重は437キロです」(12/11近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・次走予定:2021年1月10日の中京・シンザン記念(G3)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やし、その内の2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後の動きに問題はありませんし、そこまで時間を置かずに次走に向けて進めていけそうなことから、厩舎サイドとは年明けのシンザン記念を目標にする方向で打ち合わせています。馬体重は435キロです」(12/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セラフィナイトは左前脚の腫れが悪化することなく、この中間も坂路で順調な乗り込み。ハロン14秒までピッチを上げていますが、動きには余力がを感じさせます。

また、この中間に厩舎と牧場で打ち合わせが行われ、次走は年明け10日の京都・シンザン記念へ挑戦することに。前走の勝ちっぷりなら1勝クラスで即通用すると思いますが、陣営は関西圏での重賞と一気にハードルを上げてきました。それだけ期待してくれているのでしょうが、馬体重の維持に少し課題のある馬なので関西圏への長距離輸送に辛抱できるかどうか。

東京・芝1600mでの未勝利勝ち⇒シンザン記念制覇となると、アーモンドアイを少し彷彿とさせますが、3歳春から重賞戦線へ食い込めるようになってくれれば嬉しいです。まあ、そんな簡単にいくことではないのですが。