焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

帰厩後の追い切りでは併せ馬で常に先着。その中で福永Jを背に追い切った19日の時計は破格。積んでいるエンジンは相当なモノ。1勝クラスでも素質は見劣らないも、ライバル勢も非凡なスピードを秘めるのでそう簡単には行かないかも。馬群の中でも我慢が利いて、直線ではそこからしっかり脚を伸ばしてきて欲しい。☆ピクシーナイト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

月曜阪神9R 秋明菊賞(芝1400m)3枠3番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで時計

音無師「19日の追い切りは、先週に引き続き福永騎手に感触を確かめてもらいました。調教後、福永騎手に聞いたところ、『体感ではそこまで時計が出ているように感じなかったですが、こちらが思っていた以上に時計が出ましたね。でも、目一杯に追ったわけではないですし、まだ余裕があったぐらいですから、それだけしっかり動けていた証拠だと思います』と話していました。インディチャンプとはまたタイプは違いますが、ストライドが大きく、鞍上が思っている以上に自然と時計が出てしまうところは良く似ていますね。体を見るとまだ余裕があってしっかりするのはもう少し先だと思いますが、その中でこれだけの走りを見せてくれるのですから、能力の高さが感じ取れます。ここであっさり勝ち上がるようなら、先々が楽しみですね」(11/19近況)

助 手 15栗坂良 60.2- 44.3- 29.5- 14.9 馬なり余力
福 永 19栗坂良 50.5- 36.9- 24.2- 12.2 強めに追う ヴィネット古馬1勝)一杯を0.2秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神7日目(11月23日)
9R 秋明菊
芝1400メートル 2歳1勝クラス 特指 混合 馬齢 発走14:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブルースピリット 牡2 55.0 藤岡佑介
2 2 セントポーリア 牝2 54.0 国分優作
3 3 ピクシーナイト 牡2 55.0 福永祐一
4 4 エイシンシトリン 牝2 54.0 松若風馬
5 5 デルマヤクシ 牡2 55.0 藤岡康太
6 6 ゴールドチャリス 牝2 54.0 浜中俊
6 7 エイボンクリフ 牝2 54.0 北村友一
7 8 ヒトヨギリ 牝2 54.0 池添謙一
7 9 エイシンラクル 牝2 54.0 吉村智洋
8 10 ピンクカメハメハ 牡2 55.0 和田竜二
8 11 グランデフィオーレ 牝2 54.0 松山弘平

○生野助手 「まだ余裕のある体つきでしたが、長く脚を使っていい勝ち方をしてくれましたね。素質は十分。放牧を挟み、動きに鋭さが出てきました。昇級でも期待していいます」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

個人的に期待の大きな馬なので、デビュー戦の勝ちっぷりには少し不満もありますが、手応えの割に最後までじわじわ脚を繰り出し、ライバルをきっちり競り落としたピクシーナイト。まずは競走生活の好スタートは切れたと思います。

その後は一旦NFしがらきへ移動してリフレッシュ。デビュー戦の疲れを見せることなく、周回コースと坂路でコツコツ乗り込んで、体調アップと動きの質を高めてきました。そして良い雰囲気を維持して10月末に栗東・音無厩舎へ帰厩。デビュー戦と同距離のここへ照準を合わせてきました。

帰厩後の調整は最初は控え目でしたが、馬場の悪い中でのレース2週前の追い切りで52秒3を馬なりでマーク。そして1週前と今週の追い切りでは福永Jが跨り、全体時計が速い中でラスト1ハロンも12秒前半。特に今週は破格の時計で、それでいてまだ余力があったというのですから積んでいるエンジンは相当なものでしょう。今回、昇級戦となりますが、素質は見劣りませんし、連勝を期待したいくなります。

ただ、相手関係に目を遣ると、ライバルになりそうなヒトヨギリやブルースピリットあたりはスピード能力が高くて、ゆくゆくは上のクラスまで出世しそうな馬達。そう簡単に行く馬ではありません。また、1度実戦を経験しての2戦目。走ることに前向きさは出てくるとは思いますが、これまで見せなかった気難しさを覗かせるかもしれません。あと、芝の実戦で全体時計&上がりの速い展開になった時に対応できるかどうか。こちらは追い切りの感じなら大丈夫だと思うのですが…。まだまだ未知な部分が大きいです。

それ故、過度の期待は控えますが、まずはデビュー戦よりも絞れた馬体で2戦目のパドックに出てきて欲しいところ。そして今回は内目の枠に入ったので、馬群の中で競馬を進めることになった際に辛抱が利くかどうかをチェック。直線ではそこからしっかり抜け出してきて欲しいです。仮に前を捉え切れなくても、ゴール前で目立つ脚で伸びてきてくれればひとまず合格点を上げたいと思います。