焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

他馬が速くてハナへは行けなかったも、外目の2番手でスムーズな競馬。3角過ぎで少し前へ出た時は一瞬力が入りましたが、他馬のプレッシャーから4角で外へ膨れてしまう。そして直線では早々にスタミナ切れ。頑張っているのは伝わってくるも13着に沈む。★ロードユリシス

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードユリシス(牡・高野)父ロードカナロア 母レディハピネス

7月18日(土)阪神7R・3歳未勝利・混合・ダ1800mに川須Jで出走。16頭立て8番人気で7枠14番から平均ペースの道中を2、2、1、2番手と進み、直線では内を通って2秒5差の13着でした。馬場は良。タイム1分56秒1、上がり40秒1。馬体重は6キロ減少の482キロでした。

○高野調教師 「内枠の馬が速くてハナには立てませんでした。とは言え、外目の2番手で悪くない形。4コーナー手前までは余力も残っていたと思います。最後は本質的なスタミナの問題。もう少し短い距離が本来は合う印象ながら、揉まれると気性面の脆さが出てしまうので・・・。そのあたりが何とも難しいところ。厩舎へ戻ってから新たなプランを検討しましょう」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2回小倉に組まれたダ1700m戦を視野に、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「脚元等に関して問題は無さそう。このまま在厩で調整を続けながら、出走機会を探ろうと考えています。2回新潟は混雑が予想されるのに加え、1800mも幾らか長い感じだけに・・・。小回りの小倉開催に備えて準備するのが妥当かも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一旦帰厩した際にソエによる軽度の骨折が判明し、立て直すことになった為、今回が約7ヶ月ぶりの実戦となったロードユリシス。マイナス6キロでの出走となりましたが、これは熱心に乗り込んだことで無駄肉が削がれた分だと思います。久々ですが、仕上がりに関してはかなり良かったと思います。

そして今回はデビュー戦4着の良いイメージを重視してダ1800mへの出走。ハナを奪ってマイペースの競馬に持ち込みたかったですが、他馬が速くて2番手の外へ取り付くのが精一杯。それでも3角過ぎからは一旦前へ出て、レッドエランドールにプレッシャーを掛けていくことに。一瞬、良い感じだなと思ったのですが、4角を回る時に外へ膨れることに。他馬の圧力に怯んでしまった様子。直線を向いて4頭横並びでの争いになりましたが、そこからいち早く脱落。淀みなく流れていたレースで積極的に立ち回っていたので、さすがにスタミナが持ちませんでした。ユリシスはピッチ走法なので、競馬が分かってきた今となると距離が長過ぎたと言えるでしょう。ただ、距離を1400mに縮めた際、今回以上に先行するのは苦労しそう。前へ行ける保証があれば、短いところへ使うべきなんですが…。

レース後のユリシスですが、脚元に疲れ・反動がなかったのは何より。優先権のない身なので出走機会を得るには少し時間が必要でしょうが、小倉開催のダ1700mを目標に進めていくことに。今回より条件は好転するかと思いますが、デビュー戦以外の成績を振り返ると、単純に力が足りないというのは否めません。あと1~2戦で進退が決まるでしょうが、出来る限りの走りを次走で見せてもらいたいです。