焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

出遅れから思うように進んでいかなかった時は心配しましたが、徐々にレースを理解すると追走ぶりに余裕。直線は馬場の悪い内目を突くことになるも、肩ムチ数発でグーンと加速。最後は後続に詰め寄られるも着差以上の完勝劇。これからが楽しみ。☆アストロフィライト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト(牝・中内田)父ディープインパクト 母ウェイヴェルアベニュー 

日曜阪神4R メイクデビュー阪神 2歳新馬牝馬(芝1600m)優勝(1番人気)川田J

モッサリとしたスタートから、道中は促しつつ中団後方を追走します。そのまま4コーナーを回ると、最後の直線で最内から上がり3ハロン33秒6の脚で伸びて、デビュー戦を見事に勝利で飾っています。

中内田調教師「阪神競馬場までの輸送で気持ちが入り過ぎることはなく、返し馬を終えるところまで概ね行儀よくしていましたね。ゲート練習でも扉の音に驚くようなところがありましたが、気が悪いわけではなく、まだ訳が分かっていない感じでしたから、経験を積んでいけば五分に出てくれるようになるでしょう。レースでは、位置取りが後方になってしまい、流れに乗るまで促しつつだったものの、スピードが乗ってくるとスッと上がって行けましたし、最後の直線は馬場の悪い内目から鋭く伸びてくれましたね。レース後、川田騎手は『ゲートは驚いてタイミングよく出てくれませんでしたね。そしてスタートしてからも自分から進んで行くほどではなく促しながらの追走でした。ただ、3コーナー付近からスピードが乗ってくるとスッと上がっていくことが出来ましたし、最後の直線では肩鞭一発で反応良く伸びてくれました。まだ幼さがありながらもこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのですから、今後が楽しみな馬ですね』と、課題がありながらも素質を感じてくれたようです。先を見据えて目一杯の仕上げではなかったですが、これだけの走りを見せてくれるのですから、今後がかなり楽しみですね。今回はまだ訳が分からないままレースを終えたような感じですから、この後どのように変化するかよく馬の雰囲気を確かめたうえで、今後のことについて相談させていただければと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。2馬身出遅れ後方からになったが、内から少しずつポジションを上げていく。直線は他の馬が避けていた内に進路を取って鋭く加速。ラスト100mで先頭に立って完勝だった。発馬以外は文句なし。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2歳王者の妹アストロフィライトが内突き初陣V!(サンケイスポーツより)

11月21日の阪神4R(2歳新馬、芝1600メートル、牝馬限定)は、川田将雅騎手の1番人気アストロフィライト(栗東中内田充正厩舎)がスタートで後手を踏み後方からレースを展開、直線で内を突くと一気の伸び脚を見せ先頭でゴールした。タイムは1分34秒7(良)。

3/4馬身差の2着には同じく内から脚を伸ばしたコスタボニータ(4番人気)、さらに半馬身遅れた3着に外から鋭く追い込んだエピプランセス(2番人気)が続いた

アストロフィライトは、父ディープインパクト、母ウェイヴェルアベニュー、母の父Harlingtonという血統。半兄に昨年の朝日杯FS覇者グレナディアガーズ(父Frankel)がいる。

中内田充正調教師(1着 アストロフィライト)「ゲート練習通り、(扉が)開くのが怖いみたいで、幼いところがありますね。道中はリズムよく運べましたし、しまいはどれだけ伸びるかと思っていましたが、血統馬らしくよく伸びてくれました。(内を伸びた)ジョッキーがうまく誘導してくれて、馬が頑張ってくれました。まだやっぱり緩い馬で、攻めれらる馬ではないので、じっくり成長を促しながらですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/26日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

中内田師「自ら跨って調教を付けていた時から、この馬のポテンシャルの高さを感じていましたが、先週の競馬ではこちらが思っていた以上のパフォーマンスを見せてくれましたね。ただ、前半は流れに乗るまで時間が掛かっていたように、まだ競馬を分かっていないところが見受けられましたし、その辺りは経験を積みながら対応してくれるようになるでしょう。レース後も脚元含めて大きなダメージはありませんでしたが、走ったなりの疲労は見られるので、この後は無理せず放牧に出して心身ともにリフレッシュさせようと思います」(11/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出資している2歳馬の中で期待の大きい1頭といえるアストロフィライト。心身の幼さを残す中、牝馬限定戦とはいえそこそこメンバーが揃った1戦でどこまでやれるのかな?と期待と不安が入り混じるながらレースを見ていました。

パドックに登場したアストロフィライトは450キロの馬体ながらそれ以上にコンパクトに見える造りで素軽い歩様。半兄グレナディアガ―ズを見ても、少しテンションの高いところがある血統なのでイレ込み等を心配しましたが、最初は1人で引いていて最後は2人引きに変わったぐらいでこの馬なりに落ち着いていたと思います。そして返し馬でもテンションが上がるのを我慢出来ていたと思いますが、少し他馬を気にするような仕草も。そういえば、育成時も他馬を気にするような面は指摘されていたと思います。

レースぶりですが、ゲートが開く音に過敏に反応してボコッと出る形。見事に二の脚も付かず、後方からの競馬を余儀なくされると、最初は思うように進んでいかない面も。『これはちょっとヤバいかも?』と心配しましたが、3角手前から急に進みが良くなり、ジワッとポジションアップ。ただ、内の動けない位置に嵌ってしまい、川田Jは腹を括ったのか直線を向くまではじっと我慢。手応え自体は凄く良かったので、追ってから脚は使ってくれるかなと見ていました。

そして最後の直線、馬場の良い外へ切り替えていくと思ったら、前が開いた内を突くことを選択。肩ムチを数発入れてハミを掛け直したところでグーンと加速。内ラチ沿いの芝がまだ残っているところを上手に生かす進路取り。ただ、残り200mぐらいではそれほど余裕が残っている感じなく、幼さからフワッとしないかも心配でしたが、後続が来るとしっかり反応して余力は十分でしたね。また、レースのラップを見ると、1200mから1400mにかけての1ハロンが10秒9。これは価値がありますし、アストロフィライトはその時にグンと伸びたので数字よりも速い脚を繰り出しています。内容の濃いデビュー戦を着差以上の完勝劇。将来の活躍をかなり期待したくなる1戦だったと思います。

レース後のアストロフィライトですが、脚元等は大丈夫。ただ、川田Jが『時間を掛けて、成長を待てれば』とコメントしていたようにここで区切りをつけ、リフレッシュさせることを選択。26日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。1度競馬を経験したことでテンションが高くならないようにまずは気をつけてもらえればと思います。おそらく年内に使うことはないでしょう。次走は年が明け、牝馬限定のOP(エルフィンS他)あたりを考えているのかなと勝手に推測します。まあ、桜花賞出走を目指してローテを組んでいって欲しいです。