焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

26日に栗東・清水厩舎へ帰厩しています。☆ロードリライアブル

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードリライアブル(牡・清水久)父ハービンジャー 母エンジェリックレイ

2021.07.01
6月29日(火)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。また、6月30日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○清水調教師 「6月30日(水)は軽く気合いを付ける形。でも、まだ目一杯とは違いますよ。もう少し本数が必要な感じ。仕上がり具合に応じて目標を定められたら・・・。体重の推移にも注意を払いましょう」

≪調教時計≫
21.06.29 助手 栗東坂良1回 61.3 44.3 29.4 15.2 馬なり余力
21.06.30 助手 栗東坂良1回 54.1 39.5 25.4 13.1 馬なり余力 マグナムハート(3歳未勝利)馬なりに0秒3先行0秒3遅れ

2021.06.29
6月26日(土)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「コンスタントに15-15を交えても馬体は維持。この感じならば大丈夫でしょう。移動の段取りが組まれ、6月26日(土)に栗東へ。3週間程度の短期だったものの、無事に送れたのが何よりでは・・・。デビューへ向けて頑張って欲しいですね」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験は1発で合格するも、在厩調整で馬体を大きく減らしてしまったロードリライアブル。その後は滋賀・グリーンウッドで馬体の回復と乗り込み強化に努めてきましたが、約3週間の滞在を経て先月26日に栗東・清水厩舎へ帰厩しています。

帰厩後はすぐに追い切りへ移行し、時計を2本マーク。30日の追い切りは少しペースを速め、54秒1-13秒1。マズマズ動くことは出来たかなと思うも、競馬ブックの短評は『力感乏しく』。馬体がまだ寂しいのか、動きにも非力さを感じるのか。これから本数を重ねていった際に良い変化が見られると良いのですが。外見上の完成度とは裏腹に中身が伴ってくるのが遅い(内面が弱い)のが悩ましいです。