焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(牝馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain シベール

2021.02.23
シベールは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「無理に抑えずに終いだけハロン15秒台を刻む形。調教は動くものの、先週の測定で458キロの数値がネックです。出走時の体重で送ってしまうと、追い切りですぐにお釣りがなくなるはず。何とか470キロまで増やせれば・・・と考えています」

2021.02.16
シベールは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「元々が前向きな馬ですが、レース経験を積んで今までよりハミを噛むように。そう言った部分を踏まえ、現在は角馬場だけの日を設けてオーバーワークを避けています。飼い葉を食べている方。ただ、現状は外見がそこまで膨らんでいません」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴィースバーデン

2021.02.23
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク2000~3000m→ハッキング2000~3000m。

○当地スタッフ 「1ヶ月前はダクでも促さないとなかなか動かなかったぐらい。その時と比較すれば別馬と言った様子で、今は自分から積極的に走っています。少しずつ調教量を増加。慌てずに段階を踏みつつ、着実なステップアップを心掛けるのみでしょう」

2021.02.16
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク2000~3000m→ハッキング2000m。

○当地スタッフ 「日に日に元気な姿へ変わっている感じ。そのような流れに応じてトレーニング内容も見直しました。復帰までの道のりは長いかも知れませんが、望むべき方向へ進み始めたのは確か。3月か4月のどこかで三石へ移す可能性が高いと思います」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

2021.02.23
ヴェルトハイムは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「来た当初と比較すれば、30キロぐらい数字は増加。徐々に食欲も増しています。乗り進めながらの結果。それだけに評価できるかも知れません。厩舎スタッフは定期的に来場して具合をチェック。帰厩のタイミングを検討されている模様ですね」

2021.02.16
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「もうすぐ460キロ台に到達。ここに来て少しずつ馬体重がプラスへ転じています。先週末より跨り始めるように。ただ、強い稽古は不要・・・との話ですからね。この先もボリュームアップに重点。柔軟にメニューを組み立てて対応しましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シベールはここに来てハミを噛むようなところが目につくように。前走は控える競馬でちょろっと脚を使うことが出来、変わってきたと思っていたのですが…。また、力んで走ることで馬体減にも繋がっている様子。良い変化が見られなければ、一旦軽めのメニューに切り替え、リラックスさせることを重視してもらいたいです。

ヴィースバーデンは3~4月に北海道へ移動予定。そうなると復帰は夏競馬ということになるでしょう。ただ、退院して時間が経過したことで馬自身に活気が出てきているのは好感。コツコツ乗り込みながら、フックラさせ、馬体の張り自体を取り戻してもらいたいです。

ヴェルトハイムは東京遠征で大幅な馬体減を経験。まずは馬体の回復を優先していますが、予想以上に順調に回復出来ていると思います。ひょっとしたら早めに帰厩があり得るかもしれませんが、普通キャンターを丹念に乗り込み、内面の状態をしっかり整えてもらえればと思います。また、そろそろ次走では牝馬同士の1戦へと狙いを定めて欲しいです。