焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

今週の出走馬(8/22・23)

<土曜日>

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ジーナアイリス
新潟8R・3歳1勝クラス・ダ1200mに三浦Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット
小倉10R・宮崎特別・芝1800mに松若Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

f:id:yakifish:20200513045835g:plain オーサムゲイル
札幌2R・3歳未勝利・ダ1000mに山田敬Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードフェローズ
札幌4R・3歳未勝利・芝2600mに団野Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラスター
小倉5R・メイクデビュー小倉 2歳新馬・芝1800mに菱田Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードクラージュ
小倉7R・3歳1勝クラス・芝1200mに中井Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル
札幌10R・大通公園特別・ダ1700mに横山武Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は7頭と久々に大挙出走しますが、ロードユリシス&ロードドミニオンの3歳未勝利馬2頭は除外を食らっています。3歳未勝利馬が出走できるのが今週を含めてあと3週。出走するだけでも難しくなってきています。

ジーナアイリスは春の東京での復帰へ向けて一旦帰厩していたのですが、状態が整わず。再放牧を経て、ようやく復帰することが出来ますが、1年以上のブランクがあります。スピードはこのクラスでも通用しますが、期待は使ってからになるでしょうねえ。今回に関してはまずは無事に走り終えてもらいたいです。

ナイトバナレットは先週の新潟を除外になって、今週の小倉へ回ってきました。汗を掻きやすい夏場は調子を上げやすいですし、暑さは平気なタイプ。ひと叩きした上積みも見込みたいですが、先週の小倉は高速決着。時計が速くなると辛いでしょうねえ。小回りの芝1800mは乗り方次第で守備範囲だと思います。道中は出来る限り、距離ロスを避け、勝負どころでも詰まるのを恐れずに内々を回って来て欲しいです。

オーサムゲイルは帰厩すると気難しい面が出てきます。牧場ではフックラして、動きは悪くないのですが…。追い切りでは馬場に出るのに一苦労。これだけ走ることを嫌っていれば、レースで結果が出る筈はありません。集中力の維持には距離が短い方がベターでしょうが、ダ1000mの速い流れにまず付いていけないでしょう。

前走の走りを見る限り、芝2600mは長いと思いますが、涼しい北海道で立て直してきたことで活気が出てきているフェローズ。一息入りましたが、仕上がりは上々です。ただ、人気を集める馬は北海道シリーズの芝2600mで実績を残している馬が多く、展開次第でアッサリ勝てる力があります。それらを相手に勝ち切るとなると、少し足りないように思います。個人的にはここ2週の追い切りで動いているように、ダート適性はかなり高いと思うので、一か八かダートで勝負を賭けて欲しかったです。

ラスターは先週の新潟・芝1800mでデビューを予定していましたが、出張馬房が回って来ず、出馬投票が出来ず。その為、今週の小倉でデビューするには抽選突破が必要でしたが、ひとまず無事使えることになって一安心。動きに関してはひと追い毎に良化。競馬ブックの2歳戦で本紙担当の西村TMが動きの良い馬として3頭取り上げていましたが、その中の1頭がラスター。ロード馬なのでデビュー戦から期待するのは控えたいですが、先々は走って来そうなタイプ。母スターコレクションもデビュー戦は案外でしたが、2戦目でガラッと変わってくれました。軽快な走りをするようなので、軽い芝の小倉は合っていると思います。

クラージュは前走で未勝利を脱出。ブリンカーを外したことでフワフワした走りになってしまいましたが、底力で何とか凌ぎ切った感じ。昇級戦となる今回は芝1200mを選択。先々は芝でも頑張って欲しいと思いますが、捌きに硬さのある馬なので時計の速い今の小倉はちょっと厳しそう。今回は再度ブリンカーを装着。これで行きっぷりはかなり違ってくると思うので、前々の競馬から粘り込みを図って欲しい。

前走で初めて古馬と戦ったシェダル。斤量差を生かして押し切って欲しかったですが、行き脚が見劣り、好位からの競馬に。揉まれる形になっても辛抱できていたと思いますが、直線での伸びはジリジリ。3着を確保するのが精一杯でした。この経験が今回、それ以降に生きて欲しいですが、好結果を得るには逃げるか外目の2・3番手から早めに仕掛けていくか。ワンペースの走りなので、自分のペースで仕掛けていかないと良さが出ません。まあ、その辺りは連続騎乗となる横山武Jはよく分かっていると思うので、前走から着順を落とすことだけは避けて欲しいです。