焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

16日に帰厩。2度目の障害転向を果たしたばかりですが、伸びシロが少ないので、平地へ戻すことになりました。★アマネセール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アマネセール(セ・茶木)父エイシンフラッシュ 母アウトオブザウィム

・在厩場所:16日に栗東トレセンへ帰厩
・調教内容:障害練習
・次走予定:9月3日の小倉・芝1800m、もしくは9月4日の小倉・芝2600m

茶木師「態勢が整ったようなので、16日の検疫でトレセンへ戻させていただきました。17日はコースで普通キャンターを行い、特に気になるところは見られなかったことから、本日は森一馬騎手に障害練習をつけてもらいました。調教メニューはジョッキーに委ねて、私はスタンドで様子を見ていましたが、飛越は安定しているものの、スピードの乗りがもう一つで、障害戦を使った上積みが感じられなかったですね。調教後、ジョッキーからは『調教では自ら進んで行くほどの前向きさを見せる割には、障害練習では慎重になり過ぎるのか、飛越は安定しているものの、スピードに乗っていけないですね。前回は久々の障害戦ということで、力みがあったとはいえ、相手関係を考えるともう少し接戦を演じて欲しかったというのが本音です。経験を積めば多少の上積みはあるかもしれませんが、障害未勝利戦を勝ち上がれるかと言われると正直難しいように思います』と厳しいジャッジが返ってきました。ジョッキーの進言にもありましたように、このまま障害戦に向かっても良い結果には結びつかないと判断させていただき、今後は平地に戻して使っていくことにしました。今週末から仕上げに入り、その後も順調に進められるようなら、9月3日の小倉・芝1800m、もしくは9月4日の小倉・芝2600mへ向かう予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきで英気を養ってきたアマネセールは次走へ向け、16日の検疫で栗東・茶木厩舎へ。そして早速翌日から障害練習を開始していたのですが、飛越の安定感は光るも、飛越を終えた後からのスピード感が一息。2度目の障害転向を終えたばかりですが、パートナーの森一馬Jに改めて障害馬としての可能性を聞いたところ、"障害未勝利戦を勝ち上がれるかと言われると正直難しいように思います"というジャッジ。

一見厳しく見えますが、実際に前走の走りを客観的に分析すると、だんだん前との差が開いていくと巻き返しが出来ないですし、追ってからギアが上がらず、流れ込むだけ。入着でコツコツ稼げたとしても、障害での初勝利を手にするのは恵まれないと無理でしょうねえ。早めに方向転換出来たことは前向きに捉えたいです。

ただ、平地に戻っても、ピリッとした脚を使えないのは変わらないので、1勝クラスを勝ち上がることは難しいのですが…。