焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(4歳上牝馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴィースバーデン

2022.07.26
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間も事前の計画に沿って運び、7月23日(土)に15-15に消化する流れ。適度な気合い乗りが感じられるぐらいで、無駄にテンションが上がらずに済んでいるのは好材料でしょう。飼い葉もキチンと食べ切る状況。本数を積み重ねれば大丈夫です」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

2022.07.26
滋賀・ジョージステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→キャンター1800~3000m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「普段はハロン20秒ぐらいの速度で入念に乗り込むパターン。7月23日(土)には終いをサッと伸ばしました。メリハリを付けたメニューで体調を整えながら進める方針。この先もビュンビュン飛ばすよりは、コンディションの維持に重きを置きます」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

2022.07.26
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「挫跖の認められた右前脚の具合が快方へ向かった部分を踏まえ、7月25日(月)よりポリトラックでのキャンターを再開しました。ひとまずは問題が浮かばないだけに、同等のメニューを行っても大丈夫そう。しばらくは慎重なスタンスを保ちます」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィースバーデンはこの中間から15-15の調教を開始していますが、状態は高いレベルで安定。ただ、帰厩の声が届きそうでないのが悩ましいところ。緩急の利いた調教を行ってもらい、牧場で仕上がってしまわないようにお願いします。

フライングバレルは意識的にセーブした調教を行っていますが、状態面で不安があるという訳ではありません。あとはどのタイミングで調教の負荷を高めていくか。それを考えながら進めてもらえればと思います。

ヴェルトハイムは挫跖で一頓挫ありましたが、症状自体は軽い方だったらしく、ポリトラックでの乗り込みを開始。ひとまず悪い兆候は見られないも、焦りは禁物なので、ジワッと上昇カーブを描いていって欲しいです。