焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走の失敗を糧にし、落ち着いてレースへ臨めたのは何より。好発から正攻法の競馬。ゲートを少し出していった分、行きたがったのは勿体なかったも、残り200mちょっとまでは見せ場たっぷり。最後は距離が長い分、脚が上がるも、内容の濃い14着。★ダイアトニック

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜東京11R 安田記念(G1・芝1600m)14着(17番人気) 岩田康J

まずまずのスタートから、行きたがるのを宥めつつ好位3番手に付けます。そのまま最後の直線へ向き懸命に追われますが、残り200mで脚色が鈍り中団で流れ込んでいます。

安田隆行調教師「前走はしっかり仕上げた反面、気持ちが入り過ぎてしまいましたから、その反省を踏まえてソフトな仕上げでレースに臨ませていただきました。すると、東京競馬場に到着後も気負いを見せることはなかったですし、パドックでの様子や返し馬では概ね落ち着いていましたね。ゲートに入った後は少しゴソゴソしていましたが、好スタートを決めてくれたように、中間の調整が上手くいったなと感じました。ただ、好スタートを決めたことによって、前半はジョッキーが宥めながらの追走となってしまい、残り1ハロンで止まってしまいましたね。レース後、岩田康誠騎手は『前回と違って、今回は馬の雰囲気がとても良かったですし、上手く調整してくれたなと思いました。課題であるゲートの出は抜群に良かったですし、出たなりの位置で上手く脚を溜めていければ良かったものの、馬がその気になってしまったので最初の200m付近まで喧嘩をしてしまいました。途中から折り合ってくれたものの、前半折り合いを欠いてしまった分、最後の最後で甘くなってしまいましたね。1200m~1400mがベターなのは確かですが、無理に控えずにそのまま先頭に立っておけば、もう少し辛抱してくれていたように思いますし、上手くエスコートできず、申し訳ございませんでした』とのことでした。心身ともに良い状態でレースに向かうことが出来た反面、レースでは良い結果に結び付けることが出来なかったですが、7歳馬とは思わせないほどの活気を見せてくれましたし、今回の反省を次走に活かせるよう努めていきたいと思います。トレセンに戻って状態を確認した後は、無理せず放牧に出す予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/9日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

安田隆師「先週のレースでは、結果的に最後の1ハロンで甘くなってしまいましたが、馬の雰囲気としてはとても良かったですから、次走も同じような状態で向かえるように調整していきたいと思います。東京競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて目立ったダメージはありませんでしたが、この後は無理せず放牧に出して心身ともにリフレッシュさせることにしました。次走の予定につきましては牧場で状態を確認しながら検討していく方針です」(6/8近況)

⇒⇒9日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(9日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

予定していた函館スプリントSでは60キロを背負うことが分かり、苦肉の策という感じでG1の安田記念へ方向転換したダイアトニック。帰厩後の追い切りはテンションを上げない意味合いもあったでしょうが、坂路オンリーで手緩い印象。馬体にも少し余裕がある中での参戦となったので、正直なところ、見せ場なく終わってしまうんだろうなあと見ていました。

パドックに登場したダイアトニックは思っていたよりも仕上がりは良く、煩くなっていなかったのは何より。大舞台でも舞い上がることはありませんでした。

レースでの注目点はやはり前走で失敗したスタート。ゲート出はそこまで速くなったですが、岩田康Jが少し促すと二の脚が付き、スッと前へ。ただ、少し勢いが付いていた分、行きたがってしまったのは誤算といえば誤算。岩田康Jは必死に宥め、道中は2番手を確保。勝負どころからは早めにダノンザキッドが動いてきましたが、そこはじっと我慢して直線へ。案外、手応え&雰囲気良く、直線を向いたのは驚きました。

そして直線では外から被せられないように早めにGOサイン。鞍上からの指示にスッと反応してじわじわ伸びてきた姿を見た時は一瞬力が入るほど。ただ、現状マイルが長いというのは正解だと示すように残り200m手前から脚が上がり気味に。そこからは一気に着順を落としましたが、勝ち馬とはコンマ7秒差。期待していなかったことをダイアトニックには謝らないとダメですが、ガス抜きが出来ていれば、これぐらいやれることは示してくれたと思います。7歳馬ながらまだまだ若々しいです。気性面はもっと大人になってくれても良いのですが(笑)。

また、今回の頑張りを振り返ると、タラレバですが、阪急杯を勝った後に1週間足らずでもNFしがらきへ移動してリフレッシュできていれば、前走のG1・高松宮記念ではもっと良い走りが出来た筈。今後は短期放牧を組み込んでいって欲しいです。

秋はスプリンターズSが最大目標ですから今夏の過ごし方がやはり重要。暑さ対策を十二分に講じてもらい、まだまだ伸びシロがあることを願い、コツコツ鍛え上げていって欲しいです。個人的には前哨戦を使わず、スプリンターズS直行を希望します。