焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ダートへ矛先を向けるのは大歓迎も、厳しい条件が揃ってしまったのが悩ましい。この路線を引っ張て来たライバル相手にどこまで通用するのか。ダートで新味が出て欲しいも…。★クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

水曜船橋11R マリーンC(JPN3・ダ1600m)1枠1番 内田博J

○奥村武師 「しばらく芝には適鞍がなく、ダートを使うならこのタイミングと見て、挑戦します。トビが大きく不器用なので、地方競馬なら船橋・盛岡・門別の選択肢になるでしょう。6日の追い切りに乗った内田博騎手は『ダートは大丈夫』と言っていました。前走あたりから体調も上がってきました」(週刊競馬ブックより)

○クールキャット(奥村武師)状態はいい。特に春の気候は合っているみたい。いろいろな要因から砂を試すタイミングとして使ってみる。パワーがある馬なのでこなせると思う。不器用な馬だが、船橋は比較的大回りだし、交流特有のバラける展開なら馬群で窮屈になることもないと思う。(スポニチより)

助 手 10南W良 66.9- 51.8- 36.9- 11.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

地方交流重賞で初めてダートを試すことになったクールキャット。馬格があり、追い切りでは滅法動く馬なので、早くからダートを試して欲しいと思っていたので、ここで新味が見られることを願うばかりです。

ただ、週初めに枠番を知った時には正直ガッカリ。何とかこれまでの内枠地獄から抜け出して欲しかったのですが、最内枠とは…。また、1600mの距離は久々ですし、牝馬同士とはいえ57キロも楽ではありません。初ナイターもどう出るか。正直、もっと恵まれた条件下で走らせてあげたいのですが、運に欠けるところがあるのが悩ましいです。

帰厩後の調整・追い切りに関しては、やや軽めながらも動き自体は良好。そして10日の最終追いはある程度しっかりやりましたが、悠々と駆け抜けたようにきっちり仕上がったかなと思います。

あとはこの路線で成績を残している馬が地方・JRAとも出てきた印象があるので、経験・実績とも豊富なライバルたちにどこまで通用するのか。前有利なイメージがあるので、最内枠でダッシュが付かなさそうなクールキャットには序盤から苦しい姿が目に浮かびますが、やや強引にでも外目へ持ち出し、早めに動いていく競馬で上位勢に食らい付いて欲しいところ。力を出し切り+展開が向くようなら、大駆けがあっても良いと思うので、密かに期待してレースを見守りたいです。