焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(明け4歳上・NF天栄組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンブロジオ

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ中身の方は余裕が残るものの、ペースアップにはまずまず対応できていますね。引き続き右前脚の状態には気を付けつつ、このままコンスタントに乗り込んでいきたいですね。馬体重は471キロです」(12/24近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ディランズソング

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。今週半ばから乗り運動を開始して、現在は周回コースで軽めのキャンターを行っています。馬体も順調に回復してきていますから、今後は徐々に負荷を強めていきたいですね。馬体重は527キロです」(12/24近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースでの乗り込みを再開しており、ハロン14秒ペースで動かしています。心身のリフレッシュをしっかり図れたようで、軽快なフットワークで駆け上がってきています。この調子で乗り込みつつ、さらなるペースアップに備えていきたいですね。馬体重は523キロです」(12/24近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースでハッキング

天栄担当者「引き続き坂路コースでの乗り込みを行っていましたが、いつもに比べると元気がない感じで、動きがもう一つだったことから、今週半ばから周回コースでのハッキングにメニューを落としてリフレッシュを取り入れています。時期的に焦って進めても良くないでしょうから、今後も状態に合わせて調整していきます。馬体重は459キロです」(12/24近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・次走予定:2022年第1回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週3回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週の登坂回数は週5回ですが、全体的にペースアップを図っており、一段階調教の負荷を強めています。今のところ心身共に苦しいところを見せることなく、順調に進めることが出来ていますし、来年の第1回東京開催を目標に調整していければと考えています。馬体重は518キロです」(12/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンブロジオは更に1歩負荷を高めましたが、脚元は我慢が利いた状態。動きの質を良くしていく必要はありますが、ようやく軌道に乗ってきてくれたかなという印象を持っています。ただ、障害馬としては飛越が雑なので、その点をどう改善していくのか注目していきたいです。

ディランズソングはレースを終え、NF天栄へ戻ってきていますが、脚元等に悪い変化が見られないのは○。ダート戦では揉まれ弱いところが目立ちましたが、芝に転じて終いの脚が使えるようになったのは良い意味でビックリ。今後も展開に左右されるでしょうが、末脚を生かす競馬で1勝クラスの卒業を目指していってもらいたいです。

アンダープロットは少し楽をさせてリフレッシュしましたが、この中間から坂路での乗り込みを再開。外傷した左前に影響は及ぼしていませんし、動き自体は軽快。素材とすればOPクラスまで出世して欲しい1頭なので、堅実駆けを重ねながらステップアップしていってもらえればと思います。

セラフィナイトはこの中間、気配がパッとしないことから、坂路入りを手控えるように。適度に使ってきているので目に見えない疲れが抜け切っていないのかなと想像します。心身が噛み合えばホント良い走りが出来る馬なので、今はグッと我慢の時期かと。冬場は出走を見送るくらいで十分なのかなと思います。

やり過ぎると捌きに硬さが出やすいノワールドゥジェですが、熱心に乗り込みを消化。トレセンのように週2回速いところをやるよりは、平均して負荷を掛けることで気持ちを追い込むことはないみたいです。そして末脚に賭ける競馬で徐々に牝馬らしい切れ味を見せるようになってきたので、今年は最低でも2勝はして欲しいなあと考えています。