焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(1歳牡馬・関西)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ハーレクイーンの20(牡・藤原英)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本と角馬場で乗り運動、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2700m、

担当者「この中間も継続して屋内坂路コースと周回コースを併用し、順調に乗り込みを行うことが出来ています。坂路コースではハロン16秒近くまで脚を伸ばしていますが、馬体の使い方は非常に上手で、フットワークは軽快です。また、乗り手の指示にも従順で、操縦性が高いですね。そして、一番の成長は乗り込みを進めていることで、余分なものが取れてきて、その分筋肉量が増えて馬体が立派になってきたことでしょう。気性面は基本的に大人しいものの、馬から降りると子供っぽい側面を出す部分があるので、そういった面も成長を促していきたいと思います。ここまで問題なく進めることが出来ているので、今後も馬の状態を見ながら、さらに調教の強度を高めていきたいと思います。馬体重は460キロです」(12/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シングルゲイズの20(牡・松永幹)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週5回屋内坂路コースでハロン17~19秒のキャンター、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間はリフレッシュ期間を設けつつ進めていますが、現在は坂路コースでの乗り込み量も増やす等して、調教の強度を上げています。坂路コースでは、ハロン17秒近いところまで脚を伸ばしていますが、走りのバランスは悪くないですね。ただ、まだ気持ちが先行して、しっかりとバランスが取れないまま走る場面もあるため、精神面での成長は促していかないといけません。馬体面に関しても体付きはまだ幼く、必要なところに筋肉が付いていないので、これから乗り込んで鍛えていかないといけないでしょう。それでも、飼い葉食いや脚元には問題なく、順調に進めることが出来ています。今後も馬の成長に添った調教メニューを組み、焦らずに乗り込みを行っていきたいと思います。馬体重は457キロです」(12/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アースサウンドの20(牡・斉藤崇)父エピファネイア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週6回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1~2本、

担当者「この中間はリフレッシュ期間を設けながら進めていますが、現在は坂路コースでの乗り込み量を増やし、調教の強度を上げています。調教時の動きは相変わらず良い感じで、自らハミを取って行くほどの前向きさがあります。跨った感触ではトモに緩さがあるものの、この時期の1歳馬としては問題ないレベルですし、調教をこなしていくに連れてしっかりとして安定感が増してきましたよ。運動量を増やした後も疲れを見せることはなく、飼い葉をよく食べて良いコンディションを保っています。その後は皮膚病の症状が出ることはなく、内面的にもしっかりしてきた印象を受けますし、それ以外に気になるところはありません。ここまで順調に進められており、良い状態を維持できていますから、今後の課題であるトモの強化を図りつつ、バランスの取れた走りが出来るように鍛えていきたいと思います。馬体重は526キロです」(12/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ジェットセッティングの20(牡・安田隆)父Showcasing

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2500m、週1回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「11月に入ってからは予定通り坂路調教を開始し、周回コースでは引き続き長距離の乗り運動も行っています。坂路では日によってハロン17秒までペースアップしていますが、手応え的にはまずまず余裕を持って駆け上がることが出来ています。ただ、少し力みがちになってしまうことが多いので、落ち着いてリラックス出来るよう声掛けしながら動かすようにしています。また、前ノメリに走ってしまうところがあるものの、現状の馬体の作り的には致し方ないのかなと思います。今後は馬体の成長と共に、バランスも良くなっていくでしょう。それでも、腰回りにはかなりしっかりと筋肉が盛ってムチムチした馬体になってきましたよ。当初、鞍付けはかなり苦労しましたが、今は微動だにせず、飛び乗りの時もジッとしていますし、かなり成長してきたなと実感しています。慣れるまでに少し時間が掛かりますが、一度理解してしまえば問題はありませんし、今後もしっかりとコミュニケーションを取りながら進めていきます。馬体重は469キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハーレクイーンの20は引き続き褒め言葉が並ぶのは嬉しいですが、この1ヶ月ほどで馬体重は17キロ減。無駄な肉を削ぐことが出来たというのなら良いのですが。また、調教動画を見ると口向きに硬さを感じますし、気性面で子供っぽさが多く残るので、今の内に不安要素はしっかり消していってもらえればと。ハミ受けが良くなってからのフットワークは力強く、期待できそうです。

シングルゲイズの20は真面目さに欠けることを示唆されていましたが、この中間は順調にメニューを消化し、負荷をグッと高めることが出来たのは好感。また、坂路調教が動画でアップされていますが、フラフラしながらも、脚捌きは良好。これから更に負荷を高めて行った際に前向きさ・真面目さが加わってきて欲しいです。

アースサウンドの20はトモの緩さが課題になりますが、それ以外は合格点。欠点が少ない競走馬に育ってくれそうです。また、大型馬なのでトビの大きいタイプかと思いますが、今後の坂路調教では躍動感のある動きを見せることが出来るようにお願いします。

ジェットセッティングの20は引き続き神経質そうな面が見受けられ、馬体に関してはトモ高なところが残ります。これは今後も成長を促しつつ、丁寧に接していくことで、良い方へと導いていってもらえればと思います。まあ、それでも坂路を駆け上がっている様は上々。歩様は素軽さ十分ですし、短距離向きの良いスピードを秘めていることでしょう。素質の芽を摘まないように宜しくお願いします。