焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(1歳牝馬・関東馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ランニングボブキャッツの20(牝・堀)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「その後も順調に進められています。現在のメニューですが、ウォーキングマシンの運動と夜間放牧を毎日行い、その他に週4回はロンギ場でのフラットワークを行っています。精神的に大人しいですし、運動中や馴致中にはこちらの指示に素直に従ってくれて、とても助かっています。一時は460キロ近くまで増えた馬体重はまた減ってしまい、なかなか安定してくれませんが、飼い葉は普通に食べてくれていますし、健康状態に問題はありません。馬体・脚元にも不安な点はなく良好な状態を保っています。今後はコースにも入れて、乗り運動を開始することになりますが、先月もお話したように、力強さという点ではまだ物足りないので、しっかりと乗り込んで鍛えていきたいですね。馬体重は446キロです」(10/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィアフィレンツェの20(牝・奥村武)父Almanzor

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらに移動してきた直後は慣れない環境でもあり馬体重も減ってしまいましたが、今では環境に慣れ、飼い葉食いの良化と共に馬体重も戻ってきています。現在はロンギ場でのキャンターとウォーキングマシンでの運動を放牧も挟みながらこなしています。こちらではまだ乗り出したばかりなので動きについてはこれからですが、小柄ながら力強くトモを使って走ることが出来ている印象ですね。気性面は大人しく扱いやすいものの、放牧地へ移動する際には楽しみなのかグイグイとスタッフを引っ張って移動する一面もあります。バランス良く成長しそうな馬体をしているので、今後もしっかり管理しながら進めていきたいと思います。馬体重は430キロです」(10/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

単独で先に記事にしたプラウドスペルの20・アーデルハイトの20以外の1歳牝馬の近況をまとめて。

ランニングボブキャッツの20は血統的にピリッとしたところがありそうも、現段階では従順な感じ。ただ、馬体重が安定していないというのは、見た目では分からないところでストレスを抱えているのでしょう。次のステップへ移れるところまで進んでいますが、もう少し馬の体調に寄り添い、ゆっくり進めてもらえればと思います。

ヴィアフィレンツェの20は新しい環境に移り、馬体重を減らしてしまったようですが、時間の経過と共に慣れてきて、馬体重も回復傾向。現在はロンギ場で基礎を習得中ですが、トモを使った走りが出来ているのは○。走ることが好きそうなのも良いことでしょう。あとは調教を積みながら、馬体重を順調に増やしていって欲しいです。