焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

東サラなお馬さん(2歳馬)

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドデクスター

2021.09.24
グリーンウッドトレーニン

馬体重493キロ。
先週土曜日に15-15を、今週火曜日にも13-13を消化するなど調整は順調に進んでいます。体は増えていますが、動きは相変わらず軽快で気持ちも前向き。粘り強い走りを見せています。コンディションは着実に上向いてきたところですが、現状まだ緩さが残っているため、帰厩まで更に数週間乗り込みを継続することになりました。

f:id:ytitle= レッドカロス

2021.09.24
山元トレーニングセンター

担当スタッフ「先週末には坂路で3ハロン38.9-13.4の時計。ほぼ予定通りの時計で動いてくれましたが、終いは手応えに余裕がなかったですね。ただ、バタッときたわけではなく最後までこの馬なりに踏ん張っていましたから、今週末も同じくらいの時計を予定していますが、ラスト1ハロンの手応えに変化が見られるのではと期待しています。この調子で速いところを織り交ぜながら乗り込みを重ねていく考えですが、体調やテンションに大きな注意点がなく馬体重は508キロと安定。調教を重ねて食欲が落ちたり体が萎んでしまうようなことがないですからね。イメージ通りのメニュー構成で攻めていくことができるのは頼もしい限りです。ちょっとまだ体は立派に見えますので、そのあたりも意識しながら鍛え込んでいきたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今月中の帰厩を予定していたデクスター。定期的に速いところを織り込み、その中でもカイ食いをキープと良い状態を維持していますが、まだ緩さが目立つことから、牧場で更なる乗り込みを課すことが決定。まあ、10月中には帰厩できるかなと思うので、現状のメニューをしっかり消化し、着実な成長ぶりを見せて欲しいです。

カロスは週末に3ハロン38秒くらいの速い調教を課すことが告げられていましたが、実際に行い、38.9-13.4の時計をマーク。『終いは手応えに余裕がなかった』というコメント通り、正直褒められたレベルではないでしょう。前向きさはあるのですが、体がそれにフィットしてきていません。カイ食いが旺盛なのは悪くないのですが、もう少し絞れて来てくれないとダメでしょう。今後も定期的に速いところを織り交ぜつつ、動きに素軽さ&手応えに余裕が出てくるようにコツコツ乗り込んでいって欲しいです。