焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

デビューへ向けて丹念に乗り込むことは出来ているも、現状の動きは地味。また、精神面で臆病なところがあるので、初めての実戦で舞い上がってしまって力を出し切れないかも。まずは無事に走り終えてもらい、その中で今後へ期待が持てる場面を作って欲しい。★クラシックステップ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラシックステップ(牡・安田隆)父モーリス 母レッドジゼル

月曜中京5R メイクデビュー中京 2歳新馬(芝1600m)6枠9番 吉田隼J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:15日に坂路コースで時計

安田隆師「15日に坂路で追い切りました。同じ2歳新馬と併せたところ、最後は0.2秒遅れたものの、全体が53.7秒で、ラスト1ハロン12.5秒と、雨の影響で馬場が悪かった割には、最後まで力強く駆け上がってくれましたよ。DDSPの症状は舌を縛っている限り、走りに影響しているようなところはないですし、先週もCWコースで長めから時計を出しても、しっかり伸びていたことを考えると、レースに行っても心配ないと思っています。ただ、道中の感じからもっと瞬発力を活かした走りを見せてくれるのではないかと考えていたものの、その点はモーリス産駒らしく、追ってからがワンペースな感じですね。それでも、仕掛けてからの反応は良くなっていますし、モタモタするところもないですから、競馬ではこの馬の特徴を活かしたレース運びを吉田隼人騎手にはしてもらいたいですね。本格化するのはもう少し先だと思いますが、水準以上に動けていますし、実戦でどのような走りを見せてくれるか楽しみにしています」(9/16近況)

助 手 15栗坂稍 53.7- 39.5- 25.3- 12.5 一杯に追う ザッキング(新馬)一杯に0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中京5日目(09月20日
5R メイクデビュー中京 2歳新馬
芝1600メートル 馬齢 発走12:15
枠 馬 馬名 性齢    重量    騎手
1  1  ジェンヌ           牝2 54.0 古川吉洋
2  2  マコトダイトウレン 牝2 54.0 松田大作
3  3  ミティエラ         牝2 54.0 岩田望来
3  4  エレアイム         牝2 54.0 幸英明
4  5  ビートルジュース     牝2 54.0 藤懸貴志
4  6  アルシェ             牝2 54.0 川須栄彦
5  7  エイブルマン     牡2 54.0 菱田裕二
5  8  カバロプレト     牡2 54.0 秋山真一郎
6  9  クラシックステップ 牡2 54.0 吉田隼人
6 10  ロードマゼラン     牡2 54.0 川田将雅
7 11  タイセイドレフォン 牡2 54.0 和田竜二
7 12  テイエムビシャモン 牡2 53.0 富田暁
8 13  サイモンハミング     牝2 53.0 亀田温心
8 14  レッドラマンシュ   牡2 54.0 武豊

安田隆師 「もうワンパンチ欲しいけど、体が絞れれば動きも変わる筈。気性も素直だし、実戦に行って変わってくれれば」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

母は『レッド』の冠名が付くように東京サラブレッドクラブで活躍した牝馬ですが、何故か3番仔となるレッドジゼルの19ことクラシックステップはシルクへ。そういう珍しさもあって出資することにした1頭です。

また、パッと見、ごつさを感じる馬体から父を彷彿。それでいて募集動画ではキビキビ歩くことが出来ていたのが好印象でしたが、身のこなしのしなやかさは一息。この辺は母の父アグネスタキオンの良くないところも感じます。

育成時のクラシックステップは2歳になって早々、右トモの飛節を腫らし、少し楽をさせる期間がありましたし、右膝を外傷して一旦軽めのメニューへ。大きな故障に繋がらなかったのは幸いでしたが、ちょこちょこ問題はありました。また、育成時の大きな課題とすれば精神面で臆病なところがある点。立派な馬体をしているのに肝っ玉が小さいです。動きに関しては目立つタイプではありませんでしたが、個人的には良いフォームで走れていて、芝の実戦で良い馬なのかなという印象を早くから持っています。

6月下旬に栗東へやってきたクラシックステップは気性面の不安を覗かせ、環境の変化に対応するまで少し時間を要することに。そしてゲートに関しても、気難しさを覗かせないように慎重を期して進めてきました。その結果、1発で無事合格することができました。逆に最初、不合格になってしまったら、自分を追い詰めることになって不合格を繰り返してしまったかもしれません。

その後はNFしがらきで心身のリフレッシュを図り、お盆過ぎに帰厩。そして約1ヶ月後となる本日のデビューを迎えることとなりました。デビューへ向けての追い切り・調整は丹念に乗り込むことは出来ていますが、肝心の動きに関しては併せ馬で見劣るケースが大半。そしてデビューへ向けて追い切りを重ねていく中でワンペース気味の走り、止め際や、ラスト1ハロンあたりからゴロゴロと若駒によくあるDDSPの症状が判明見られることも発覚。不安要素があぶり出され、デビュー戦は期待よりも不安が先立ちます。また、精神面で臆病なところがあるので、初めての競馬は舞い上がり、戸惑ってしまいそうです。

ですので、クラシックステップはデビュー戦から好走というよりは、実戦を経験していって、馬体にメリハリが出てきてからの変わり身を期待するタイプでしょう。今回に関しては手綱を取ってくれる吉田隼Jの手腕に託すことになりますが、まずは大きな問題を発生することなくレースを終え、その中で今後への期待が高まる場面を作って欲しいです。