焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

2度目のゲート試験は駐立が今一つで不合格。早速ゲート内で縛り付ける荒療治を行い、3度目の正直でゲート試験に合格しています。また、2日付でJRAの競走馬登録が完了。☆ロードラプソディ

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラプソディ(牡・松下)父モーリス 母ティアーモ

2021.09.10
9月10日(金)栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。

2021.09.08
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。まだゲートでの駐立に対して不慣れな面を窺わせており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○松下調教師 「9月3日(金)に発走審査へ再チャレンジすると、枠内で立ち上がって失敗。早目の対処が必要・・・と判断し、8日(水)から縛り付けています。最初はバタバタと煩かったものの、5分ぐらい経って大人しい様子に。9日(木)も同じ形で慣れさせましょう」

2021.09.06
9月3日(金)栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。結果はゲートでの駐立が今一つで不合格でした。

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2日にゲート試験に挑戦し、ゲートからの発進が今一つということで不合格になったロードラプソディ。その時、近日中に再受験を匂わせていましたが、早速3日に2度目の挑戦。今度は駐立が今一つで不合格になってしまいました。

発進が一息なら練習を重ねれば改善されていくと思いましたが、2度目の失敗は1度目とは違う原因。練習を繰り返してきて精神面でキツくなっていたのもあるのかな? また、ゲート内で立ち上がったりと派手な行いをしていたので、早速ゲート内に縛り付けることを松下師は選択。ラプソディにはちょっと可哀想かなと思いましたが、観念して大人しくなってくれたようです。

そして10日に3度目のゲート試験に挑戦。このままズルズルと行くのは避けたかったところで無事合格することが出来ました。ちょっとヤレヤレといった心境です。ゲートからの時計を見ると、さほど速くはありませんが、まずまず普通には出てくれる感じです。今後については次回の更新を待つしかありませんが、一息入れてからデビューを目指すことになるでしょうねえ。個人的には放牧に出す場合は栗東近郊でお願いしたいです。

また、2日付でJRAの競走馬登録が完了。トレセンではまだまだ目立たない存在ですが、放牧を挟んでパワーアップし、デビューを迎える頃には少しは注目を浴びる存在になっていて欲しいところ。そして現役生活を長く続けられる馬へと成長していってもらいたいです。