焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

東サラなお馬さん(2歳馬)

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドデクスター

2021.09.10
グリーンウッドトレーニン

馬体重491キロ。
引き続き週2回は坂路で時計を出すなど調整は順調に進んでいます。火曜日には併せ馬で13-13を消化しましたが、テンから行きっぷりは良かったですし、促されると瞬時に反応を示していました。強めの調教をこなした後でも飼い葉食いはキープしており、体重も増加傾向にあります。今月中の帰厩を目標に、週2回の強めの調教を継続しながら乗り込んでいくつもりです。

f:id:ytitle= レッドカロス

2021.09.10
山元トレーニングセンター

担当スタッフ「予定通り先週末には坂路で3ハロン40.6-13.6のタイムで1本。時計を詰めていきましたが、余裕しゃくしゃくという感じこそなかったですけど、無理なく対応してくれましたよ。稽古後の状態に不安もないことから、火曜日にも41.2-13.0の時計。今週末は3ハロン40秒前後のところを考えていますが、やりながら動きがしっかりしてきている感触がありますので、この調子で本数を積みながらレベルアップを図っていきたいと思います。まだ緩いし脚元の枯れも悪い現状ながら、与えたメニューに泣きが入るようなこともなく頑張ってくれています。体力がついてきているからこそではありますが、まだ未完成で伸びしろも大きい馬ですからね。鍛え甲斐がありますし、本格化が楽しみです。今月末あたりには移動時期などの目処を立てていけるよう進めていきます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デクスターは今月中の帰厩を目指し、意欲的に速いところを乗り込み中。歩様に硬さのある馬なので疲れ・反動がちょっと怖いですが、今のところはそういう感じはなく、調教を積みながら、馬体増が叶っているのは好印象です。また、競走馬向きの性格をしていると思うので、兄姉はもう1つ活躍していませんが、デクスターには兄姉とは一味違うところを見せて欲しいです。

カロスは良いのか悪いのかを掴みにくいところですが、定期的に速いところをやれているのは○。ただ、肝心の動きに関しては、もう1つ動き切れていないのかな?と印象です。まあ、それでも馬体は無駄肉が削がれ、競走馬らしい姿になってきたように思うので、今月一杯はしっかり強めを消化し、更にメリハリのある馬体へと変化を遂げていってもらいたいです。