焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

7日に帰厩。次走に予定している25日の中京・野路菊Sでは岩田望Jとのコンビに戻ります。☆ロードリライアブル

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードリライアブル(牡・清水久)父ハービンジャー 母エンジェリックレイ

2021.09.09
9月9日(木)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。9月25日(土)中京・野路菊S(OP)・国際・芝2000mに岩田望来騎手で予定しています。

○清水調教師 「9月9日(木)は楽走。休養前との比較でガラッと変わった印象こそ受けませんが、適度なリフレッシュが叶っていて更に負荷を高められる状態でした。福永騎手には早々に先約が入っていた状況。デビュー戦でコンビを組んだ岩田望来騎手へスイッチします」

≪調教時計≫
21.09.09 助手 栗東坂不1回 56.3 41.1 27.3 13.7 馬なり余力

2021.09.07
9月7日(火)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月25日(土)中京・野路菊S(OP)・国際・芝2000mに予定しています。

○当地スタッフ 「9月1日(水)と4日(土)に15-15を消化。このぐらいのペースは余裕を持って対応できています。今回はレース後に疲れていた面のリカバリーがメイン。清水調教師のリクエスト通りに態勢を整え、7日(火)に栗東トレセンへ戻りました」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一足先に次走が中京・野路菊Sに決まったロードリライアブル。牧場では攻め過ぎず、前走後の疲れを取り除くことを優先。馬体面での成長はこの短期間では窺えないでしょうが、放牧を挟んだことでピリッとした面が和らぎ、精神面でリラックスできていることでしょう。そして厩舎から声が掛かり、7日の検疫で栗東・清水厩舎へ帰厩しています。状態面で不安がないのは何よりですし、レースまでの期間を逆算しながら、仕上げを進めていってもらいたいです。

また、野路菊Sの鞍上は前走で好リードしてくれた福永Jとのコンビを望んでいましたが、残念ながら先約あり。そこでデビュー戦で手綱を取ってくれた岩田望Jとのコンビに戻るようです。デビュー戦は押し出されるようにハナへ行ってしまいましたが、次走では2戦目の走りをなぞるように差しに構えた競馬で末脚を伸ばせるようにお願いします。