焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

急ピッチで仕上げてきたと思うも、走り終えてみれば中身が伴っておらず。4角手前で早くも手応えが怪しくなり、直線では伸びを欠いてしまい14着。スプリンターズSへの出走を諦め、今後はNFしがらきで立て直しを図ることになりました。★ダイアトニック

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜札幌11R キーンランドC(G3・芝1200m)14着(4番人気) 池添J

ややモッサリとしたスタートから、促しながら好位の一角を追走します。そのまま直線コースへ向くと一瞬は伸びたものの残り100m付近で脚色が鈍り、約11ヶ月ぶりのレースは後方で流れ込んでいます。

安田隆行調教師「帰厩時は体に余裕があったものの、脚元を気にせずしっかり乗り込むことが出来ましたし、久々の競馬としてはまずまずの状態で向かうことが出来ました。レースでは、ゲートの出がもう一つだったことに加えて、道中は流れに乗れていたものの、良い頃と比較すると脚を溜めるほどの余裕がないように感じましたし、その分最後のひと伸びが利かなかったのかもしれません。レース後、池添騎手に確認したところ、『調教で感じていたのと同じで、久々の分が出てしまったように思います。ゲートの出がモッサリでしたし、勝負どころではスッと伸びそうな感じだった割には一瞬しか脚が使えなかったですね。決して悲観する内容ではなかったですし、一度使ってピリッとしてくるでしょう』と、前向きなコメントが聞けました。昨年のスプリンターズS後に右トモの種子骨を骨折して、ここまで時間が掛かってしまいましたが、着順こそ振るわなかったものの、使った上積みから次走は良い走りが期待できるはずです。この後は栗東トレセンに戻し、問題なければスプリンターズSに向かいたい気持ちがあります。とはいえ、久しぶりの競馬の後でもありますし、脚元含めて状態をよく確かめてから、次走の予定について相談させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:札幌競馬場/4日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

安田隆師「レース後はそのまま札幌競馬場に滞在させていますが、約11か月ぶりのレース後とあって、心身ともに疲労がありますね。以前に痛めた右トモの種子骨は問題ないものの、筋肉痛の症状が窺えます。当初はスプリンターズSに向かいたいと考えていたものの、今の状態を考えると、日程的にも良い状態で臨むのは難しいでしょうから、予定を白紙に戻して、立て直しを図ろうと思います。3日に栗東トレセンへ移動し、到着後の状態に問題なければ4日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきます。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら検討していく方針です」(9/2近況)

⇒⇒4日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(4日・最新情報より)【追記】

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G3で57キロの出走なら、11ヶ月ぶりの実戦でもそれなりのレースをしてくれるかなと淡い期待を持ちつつも、追い切りの動きを見て、以前よりも走りが小さくなっているように思えたダイアトニック。それ故、まずは無事に走り終えてくれればと見ていましたが、正直なところレース内容は寂しいものとなりました。

パドックはちょっと見れていないのですが、マイナス2キロでパドックに登場。追い切り時は少し重い印象を持ちましたが、その後の運動等で馬体を整えてきたのでしょう。それ自体はさすがの調整力だと思いますが、直前で負荷を高めたので負担・疲れへと繋がったのかもしれません。

レースぶりに関してですが、スタートは若干出負けしましたが、二の脚はマズマズ。他馬の動向を見ながら好位へ押し上げていくことは出来たと思います。ただ、3角手前から外のマイネルアルケミーに蓋をされる形になって窮屈な競馬に。少し気にするところもあったのかな? 4角手前ではおっつけながらの追走で余裕はなかったですし、直線では進路が出来掛けた時に一瞬反応はありましたが、脚は長続きせず。外から交わされると頭を少し上げてフワッとした感じで失速してしまいました。レース勘は失っていなかったですが、好時計をマークしていても中身が伴っていませんでした。暑さにクタッとしている感じはなかったと思いますが、良化ぶりはスローだったんでしょう。

レース後のダイアトニックですが、骨折した箇所については問題なさそうも、コズミが目立っている様子。良かった頃の柔らかみを取り戻せぬままの出走となったので疲れ・反動が出たのでしょう。また、この後はG1・スプリンターズSを視野に入れていましたが、復帰戦のレース内容とその後の反動を考慮し、予定を白紙に戻して立て直しを図ることとなりました。このまま競馬を使っていったとしても、結果が伴わず、ダイアトニックの気持ちを萎えさせるだけなので賢明な判断だと思います。

NFしがらきへ移動後はまずはしっかり休ませることが大事。そして十二分なケアを施すことによって硬さを軽減・解消させてから乗り出すようにして欲しいです。この前向きな休養が今後の競走生活に効果的に働くよう、宜しくお願いします。