焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】プラウドスペルの20

f:id:yakifish:20200513045835g:plain プラウドスペルの20(牝・野中)父ドゥラメンテ

・在厩場所:7月22日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「先月22日にノーザンファーム早来へ移動しました。こちらでは18時間の夜間放牧を順調に行なっていました。当歳時よりしっかりとしたフレームを備えていましたが、それに加えて体力・筋力ともに逞しくなり、放牧地では力強い走りを披露していましたよ。馴致の方も頭脳明晰で素直に受け入れてくれましたし、一つひとつ確実に教えることが出来ていました。性格面が優秀なだけではなく、馬格にも恵まれているだけに、育成厩舎でも問題なく調教を進めていくことが出来ることでしょう。馬体重は448キロです」(8/14近況)

○誕生日:3月1日生まれ
○育成:ノーザンファーム早来
○馬体重 447キロ 体高 152.0センチ 胸囲 174.0センチ 管囲 19.5センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

母はケンタッキーオークスなどのG1を勝っている超良血。これまではサンデーレーシングを中心に募集されることが多かったですが、大きいところに手が届く仔馬は出ていませんでした。そして今回の募集はシルクということで都落ちという感じはしますし、父ドゥラメンテは『コルトサイアー』との認識が広く広がっています。それに伴い、意外と実績は高くならなかったのかなと思います。

プラウドスペルの20は短めの繋ぎ+力強い踏み込みからやはり活躍の馬はダートでしょう。顔つきを見ると少しピリピリしたところを持っているのかなと思うも、動画では落ち着き払った中でも適度な前向きさ。少し肩が立っているので短めの距離の方が良さそうでしょうか。また、タイプは全く違うでしょうが、全兄アスクドゥラメンテは評判が良さそう。以上のことから、安定感を見込んでの出資となりました。ただ、1つ勝った後で低迷・停滞してしまうようだとちょっと辛いです。

現在のプラウドスペルの20は3月生まれにも関わらず、7月22日にNF早来の育成厩舎へ。一癖あるタイプかも?とは見ていましたが、馴致では頭脳明晰で素直に受け入れてくれたとのこと。これがレースセンスや乗りやすさへとしっかり繋がっていってくれれば嬉しいです。