焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】アースサウンドの20


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アースサウンドの20(牡・斉藤崇)父エピファネイア

・在厩場所:7月21日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「7月21日にノーザンファーム空港へ移動しました。こちらでは順調に夜間放牧を行うことが出来ていましたが、やや緩めに感じた馬体も筋肉の付きが向上し、纏まりとメリハリのある体付きに成長してくれましたね。昼夜放牧に加えて、馴致も並行して行っていましたが、シャワー馴致から鞍付けまで落ち着いたまま進められましたし、ロンギ場での運動もスムーズにこなしてくれました。物怖じしない性格の持ち主なことから、育成厩舎ではこの先の強い負荷にも十分対応してくれることでしょう。馬体重は506キロです」(8/14近況)

○誕生日:1月23日生まれ
○育成:ノーザンファーム空港
○馬体重:500キロ 体高 161.0センチ 胸囲 174.0センチ 管囲 21.3センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エピファネイア産駒は芝での活躍が目立つ中、アースサウンドの20は前脚の出がやや硬めで繋ぎの沈み込みも少ないので、活躍の場はやはりダート。配合がややミスマッチということで思いのほか人気になりませんでしたが、ダートで優位に働く雄大な馬体+沈着冷静そうな気性は魅力的で出資へと気持ちが動きました。また、ハシモトファームはシルクアーネスト等でお世話になりましたし、これも縁なのかなと思いました。

現在は既に育成厩舎へと移り、馴致では教えられたことを素直に吸収。学習能力の高さは乗りやすさにも繋がっていくことでしょう。あとはどのくらいのスピードを秘めているかどうか。パワー型なのは確かで単純に脚が遅い可能性はあるでしょう。まあ、それでも動画を見ると、適度な前向きさを備えている印象ですし、推進力のある動きで後続を突き放すような走りを見せてくれることを期待しています。そして息の長い活躍をしてくれれば嬉しいです。