焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

日曜日(8/15)の出資馬・出走記事(簡潔版)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ

日曜新潟6R 3歳未勝利・牝馬(ダ1200m)1枠2番 小林修

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで時計

矢野師「11日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はルージュセリーズが先行して、最後は馬体を並べてゴールしています。元々スッと反応できるタイプではないですし、馬場状態もあまり良くなかったので、終いは少し促す形にはなりましたね。ただ、その中でもラスト1ハロンは12.5秒でまとめられているように、終いバタバタになることはなかったですし、動きとしては悪くなかったと思いますよ。想定を見て検討した結果、そこまで抜けたメンバー構成にはならなさそうですし、今週の新潟・ダ1200m(牝馬)に出走させることにしました。今週末は雨予報で脚抜きの良い馬場になりそうですし、出来るだけ前に付けて運ばないと厳しいレースになるでしょう。ですから、出来るだけ斤量が軽い騎手に乗ってもらった方が良いと思い、騎乗可能なジョッキーの中から小林脩斗騎手にお願いすることにしました」(8/12近況)

助 手 11美坂良 54.1- 38.2- 25.1- 12.5 強めに追う ショウナンサキガケ(三未勝)馬なりに1.2秒先行同入

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

8月15日(日)新潟6R・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1200mに石川Jで出走します。8月11日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。なお、ブリンカーを装着します。発走は13時05分です。

○土田調教助手 「8月11日(水)はブリンカーを装着。期待通りに気合いが乗っていただけに、レース本番でも使おうと思います。目方は前回と大きく変わりませんが、追い切りの動きを見ても中身は違うはず。非常に混み合っており、ゲートインが叶うかも重要な部分です」

≪調教時計≫
21.08.11 助手 美南W良 67.0 52.4 38.6 12.2 馬なり余力 サファル(3歳未勝利)一杯の内0秒3追走同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア

日曜札幌8R 3歳1勝クラス・牝馬(芝1500m)3枠3番 団野J

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:12日に函館Wコースで時計

田中博師「先週の追い切りでほぼ仕上がっていたので、今週は12日に函館Wコースで単走での追い切りを行いました。5ハロン73秒くらいだったのですが、終いだけある程度促す形で終えています。全体時計こそ目立つものではなかったものの、動き・息遣い共に良かったと思いますし、やはり北海道での調整がこの馬には合っていそうですね。背中からトモにかけての硬さがなくて左右のバランスも取れており、ここまでは馬体面で大きなトラブルはありませんでした。今回は帰厩してきてからコンディションが週毎に上向いてきて、特に中身に関して言えばここ最近の中で一番良いですし、何より新馬戦で勝ち星を挙げた舞台なので、ここ数戦の鬱憤を晴らしてもらいたいですね。どのような走りを見せてくれるか、非常に楽しみにしています」(8/12近況)

助 手 8函W良 71.9- 55.9- 41.0- 13.2 馬なり余力
助 手 12函W稍 73.2- 57.4- 42.6- 12.8 強めに追う

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

8月15日(日)小倉8R・3歳上1勝クラス・混合・ダ1000mに松山Jで出走します。8月11日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。なお、ブリンカーを装着します。発走は13時55分です。

○安田調教師 「8月11日(水)は坂路で55秒8のタイム。コンディションを確認する程度の内容でした。特別登録を済ませた芝1200mに入りそうな感じながら、松山騎手を確保できたダート1000mを今回は選択する方針。前々から試したかった条件で適性を探ろうと思います」

≪調教時計≫
21.08.11 斎 藤 栗東坂良1回 55.8 40.6 26.3 12.8 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ボンディマンシュ

日曜小倉12R 八女特別(ダ1700m)4枠7番 角田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで時計

中内田師「11日に坂路で追い切りました。道中は先行し、途中で2歳新馬に併せて行きましたが、一杯に追っている相手に対して、ボンディマンシュは最後まで持ったままの手応えで楽に駆け上がってきてくれましたよ。先週、CWコースで長めからしっかり時計を出していることから、今週は終いの反応を確認する程度に控えましたが、全体が52.9秒で、ラスト1ハロン12.4秒と、馬なりでこれだけの時計が出れば申し分ないですね。動き・反応ともに久々を感じさせないですし、息づかいもしっかり出来ているので、後はレース勘がどれだけ戻っているかがカギになりますね。体重は490キロ台後半で推移しており、小倉競馬場までの輸送を考慮すれば、480キロ後半から490キロ前半あたりで競馬に向かえるのではないかと考えています。帰厩当初と比較すると歩様の硬さは少し見られるものの、許容範囲内で収まっていることから、レースではしっかり力を発揮してくれそうです。2勝クラスに昇級後は常に複勝圏内に来ているように、久々でも力を出し切れば好勝負が期待できると思いますので、後は小回りコースの小倉競馬場に上手く対応してもらいたいところです」(8/12近況)

助 手 8栗坂良 57.0- 40.3- 26.2- 13.1 馬なり余力 スパイダーバローズ(新馬馬なりを0.6秒追走同入
助 手 10栗坂良 63.0- 45.0- 28.7- 14.2 馬なり余力
西谷誠 11栗坂良 52.9- 38.2- 24.7- 12.4 馬なり余力 スパイダーバローズ(新馬)一杯に0.4秒先行0.2秒先着
助 手 13栗坂不 62.3- 45.3- 29.8- 14.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~* 

日曜日(8/15)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。※いつもより簡潔に書かせて頂きます。

ルージュセリーズは転厩後もダートの短いところに活路を求め、4着→2着と前進。特に前走では外枠を味方にスムーズな追走から、直線では懸命の追い上げ。何とか追いすがってくれたのですが、勝ち馬のスピードが1枚上でした。そしてその前走から中1週で臨む今回。3場開催に戻り、ここは関東馬同士の1戦。中1週のローテで再度の新潟遠征は楽ではありませんが、追い切りの雰囲気は悪くありません。

何とかラストチャンスをモノにして欲しいところですが、課題というか不安は偶数枠とはいえ1枠2番。そして3キロ減の騎手にこだわり、全くのテン乗りとなる小林修Jを配してきた点。そこで今回は上手な競馬というよりは、スタートを決めてハナへ行くというぐらいの型に嵌った競馬を心掛けた方が良さそう。それによって玉砕してしまえば、こういう運命だったと諦めます。

ソレンニータは厩舎でじっくり進めてくれるのは有難いのですが、丁寧に乗り込んだ割に良化度が一息。食べたものがなかなか身についてくれないですし、非力な面は残ります。

また、これまでは芝のマイル戦にこだわって使ってきましたが、今回は相手関係等を重視して、少しでも組みしやすい牝馬限定のダ1200mを選択。パサパサのダートだと辛いと思いますが、雨模様が続いていることでダートは脚抜きの良い状態。時計が速くなり過ぎると辛いかもしれませんが、浮上の余地はあると思いますし、これまでマイル戦で最後甘くなっていたことから距離短縮もプラス。ブリンカー装着でレースでの前向きさ・集中力アップをもたらせて欲しいところ。

あとは出来るだけ追走に脚を使わないように徹するかですが、そこは3戦連続での騎乗となる石川Jの手腕に期待。ソレンニータにも最後の意地を見せて欲しいです。

1勝クラスなら地力上位だと思うポレンティアですが、体調が整わなかったり、脚元の具合が一息だったり、運がなかったりと勝てずじまい。また、なかなか詰めて使えないのも悩ましいです。

ただ、今回に関しては、トモの具合が良く、ひと追い毎に上昇中。北海道での調整はこの馬には合っているのでしょう。そして今回の舞台はデビュー勝ちを決めた札幌・芝1500m。復調ぶりを示すには絶好の舞台だと思いますし、逆にここで結果を遺せないようだと、今後も低迷が続きそう。追ってからピリッとした脚は使えないので、逃げ馬の後ろにつけるような積極策でスピードの持続力を活かしてもらいたいです。

フライングバレルは2週連続で除外になり、先週は時計を出すのを控え、出馬投票も自重。4回小倉開催へ備えてきましたが、その開幕週からスタンバイ。今回は目先を少し替えて、ダ1000mに挑戦。小細工なしに単純にスピードを生かすことは合っていると思いますし、外目の枠なら2・3番手からの競馬もできそう。ただ、雨続きなので、レースは不良馬場での1戦。ダート自体は合っていると思いますが、速い時計を要求される戦いになると、踏ん張りが利かないかも。

まあ、それでも松山Jが乗ってくれるのは有難いので、ソツのない競馬で、まずは5着以内に踏みとどまるところから狙っていって欲しいです。ブリンカー装着でのプラス効果も期待。

昨年9月の中京戦へ向け、追い切りを重ねていく中、右トモの歩様に違和感を発症。そして詳しく検査を行ったところで右トモ種子骨の剥離骨折が判明したボンディマンシュ。骨片が大きく、繋靭帯にも損傷があったことから長期の離脱を余儀なくされましたが、摘出手術が上手くいき、その後も慎重を期して進めてきましたが、大きな問題なく、乗り込みを重ねることが出来ました。

実戦は昨年6月の東京戦以来となり、1年2ヶ月ぶりでのレースとなりますが、帰厩後の調整は頗る順調ですし、追い切りの動き・時計は超久々を感じさせないもの。まあ、元々攻めは動く方なので多少割り引いて考える必要はあるでしょうが。あとはこの休養期間で心身の成長がどこまで伴っているか。大事に使ってきている馬だったので、まだまだ伸びシロが見込めると思うのですが…。

今回の舞台は小倉・ダ1700m。過去に1度、この条件に出走した時は9着と凡走。これ以外は堅実に駆けてくれている馬なのでコース適性に疑問・不安は残りますが、ダ1400mを得意にしている馬は小回りのダ1700mの適性を兼ね備えているとも言われます。今回もダメなら適性がないということでしょうが、フワッとさせずに回ってくることができれば対応してくれそうですが…。あとはレースから1年以上離れているので、レース勘がどこまで戻っているかでしょう。稽古と実戦はやはり別物ですから。

まあ、これから順調に使うことができれば、2勝クラスは卒業できるでしょうし、まだまだ出世を期待したいボンディマンシュ。今回に限れば、まずは無事に走り終えてもらうのが1番。その中で今後に繋がるキラッとした一面を見せてくれれば嬉しいです。