焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

28日の検疫で美浦・奥村武厩舎へ入厩しています。☆レッドカロス

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドカロス(牡・奥村武)父イスラボニータ 母ビジュアルショック

2021.07.29
角馬場で運動後、ゲート練習。

奥村調教師「昨日(水)の検疫で入厩し、今日(木)は角馬場で長めに乗った後にゲート練習をおこないました。角馬場では少しチャカついていたとはいえ、まだ環境に慣れていないだけで脚運びなどは問題なかったですね。ゲート練習は前扉を開けた状態で何度か通過させただけですが、スムーズにクリアしてくれていたと思います。明日(金)から本格的なゲート練習を開始する予定。馬房であまり落ち着きがないのも、まだ環境の変化に戸惑っているからでしょう。飼い葉食いは良好ですが、馬にプレッシャーを掛け過ぎないように、リラックスして過ごせるように努めていきたいと思います」

2021.07.28
本日(水)の検疫で美浦・奥村武厩舎に入厩しました。

2021.07.26
本日、山元トレセンに向けて移動しました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

26日に山元トレセンへ移動の知らせを受け、デビューへ向けて1歩踏み出したと見ていたレッドカロス。ただ、入厩となるとまだまだ力を付ける必要がありそうで、山元トレセンで鍛え上げてからの入厩をイメージしていたら、ワンクッション置いただけで28日に美浦・奥村武厩舎へやってきてしまいました。正直、予想外のことで、嬉しかったです。

入厩後のカロスの様子ですが、新しい環境に身を投じてソワソワしているみたいですが、これは時間の経過と共に慣れていってくれる筈。調教に関しては、角馬場で馬体を解し、ゲート練習を開始。これから練習を本格化される中でどういう対応を見せてくれるのか、まずは注目しています。従順な馬なので枠入りや駐立はスムーズに対応出来そうも、馬体に余裕・緩さが残る現状から発馬が課題になってくるんだと思いますが。