焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路コースのペースに変わりはありませんが、先週まで1日1本だったのを今週から2本登坂するようにしています。やや負荷を強めてからも脚元を含めて疲れが出ることはありませんが、暑い時期に無理する必要はありませんし、秋に向けてじっくりと下地を整えていきたいと考えています。馬体重は530キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週の登坂回数は週2回だけですが、1日2本登坂しており、まずまずの運動量を積めています。背腰の方も大きく疲れが溜まることなく調整できていますが、しばらくは無理のない程度で動かしつつ、基礎強化に努めていければと思います。馬体重は535キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで進めていますが、毛艶は良好ですし、体調面に問題はありませんね。乗り込んでいくと、段々とトモに疲れが溜まってきてしまい、それが走りの歪みにも繋がってきますから、今後もよくケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は534キロです」(7/23近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:角馬場でフラットワーク、トレッドミルでキャンター

天栄担当者「今週から乗り運動を開始しています。乗り自体は角馬場でのフラットワークに止めて、強めのところはトレッドミルでカバーするようにしています。元々、気が入りやすいところがあり、下での扱いに苦労するタイプですが、そういった部分がスタートの反応の悪さにも繋がっている部分があるかもしれません。少し時間をいただいて、この機会に人の扶助にしっかり反応する等の基礎的な部分から、じっくりと教えていきたいと考えています。馬体重は513キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースでの調教へと移行しており、週3回はハロン17~18秒くらいのところをこなしています。ペース的にはそこまで速くないので、楽な感じで駆け上がることが出来ていますが、普段は気が入りやすい部分が見られますし、今後も徐々に進めていきたいと思います。馬体重は517キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週2回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は登坂回数を週4回に増やしています。また、ペースもハロン15秒を経て、現在はハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。徐々に負荷を強めていますが、最後までしっかりとした脚取りで真っ直ぐと駆け上がってくることが出来ていますね。馬体重は518キロです」(7/23近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。先週一杯は軽めのメニューで様子を見ていたものの、状態面に問題はなさそうでしたし、今週半ばから坂路コースでの乗り出しを開始しており、徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は507キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週2回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も坂路コースでは15-15の乗り込みを行っていましたが、特に疲れた様子は見られなかったので、今週半ばから14-14まで脚を伸ばしています。この調子で調教の負荷を上げていき、次に向けた基礎強化を図っていければと思います。馬体重は502キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回とも坂路コースのペースをハロン14秒に上げています。以前よりはしっかりしてきているものの、まだトモを中心に馬体には緩さを残していますね。脚元を含めて悪いところがあるわけではないですが、暑さもありますし、しばらくはこれくらいのところで乗り込みを積んでいければと考えています。馬体重は504キロです」(7/23近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「こちらへ先週戻ってきましたが、まずは馬体の回復を最優先に進めています。池上師からも『体が寂しく映るので、じっくりと良化を促して欲しい』と依頼を受けていますので、引き続き次走目標を決めずに、馬の状態に合わせて進めていく方針です。馬体重は435キロです」(7/16近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシンとパドック放牧

担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っており、加えて馬体回復のためパドック放牧を取り入れています。メンタル面は少しずつ良化の兆しが見えてきましたし、その効果で体も大幅に増えてきましたね。ただ、背中に皮膚病も出ているようにまだまだコンディションは良化途上ですから、今後も定期的に放牧も挟みながら進めていければと思います。馬体重は453キロです」(7/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クールキャットは引き続きマイペース調整。じりじり負荷を高めることは出来ていますが、背腰・トモに疲れが溜まりやすいので、弱点をしっかりケアしながら、態勢を整えていって欲しいです。秋の目標はひとまず秋華賞かなと思いますが、今の雰囲気なら直行になってくるのかなと思います。

アナンシエーションはこの中間から乗り運動を開始していますが、坂路へ連れ出す前に角馬場で人間との意思疎通を確認。人間を信頼できていないことでゲートでの遅れ、無駄な仕草やテンションが上がりやすいなどマイナスが生じているので、幾らかでもマシになってくれれば、戦ってきた相手からも1勝クラス⇒2勝クラスは連勝できる力は持ち合わせている筈。その後、坂路調教へと移行していますが、ひとまず暑さに負けることなく負荷を高められているのは○でしょう。

東京戦で3着に敗れた後、NF天栄へ戻ってきたアンダープロット。田辺Jから『緩さを感じる』と指摘されたので、トモの強化を中心に体力・体質強化に努めています。ここまではひとまず順調に来ていますが、暑さは得意とはいえないので、クタッとした素振りを見逃さないようにお願いします。そしてひと夏越して、着実な成長ぶりを見せて欲しいです。

消化不良の内容で終わった函館戦の後、NF早来へ戻ってきたカラパタール。寂しくなった馬体の回復を最優先していますが、450キロ台まで回復できたのは○。ただ、乗り運動を進めていくと維持するのに苦労することでしょうから、もっともっと増やしておいて欲しいところ。あと、チラホラと皮膚病が見られるので、北海道シリーズでの出走を見送り、状態アップ&体質強化&馬体増を叶えていって欲しいものです。