焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牝馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本と放牧、週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本と放牧、週3回周回コースで軽めのキャンター2400mと夜間放牧

担当者「この中間も速い日は坂路でハロン14秒まで負荷を強めるようにしていますが、トモに甘さが残るものの、踏み込みに力強さが増してきたことによって、前後のバランスが取れるようになってきました。体力をつけるために普段から調教量をしっかり取るようにしていますが、飼い葉食いが悪くなることもなく、体重は維持できています。ただ、体つきを見る限り、もう一回り大きくなって欲しいというのが本音です。精神面は夜間放牧を取り入れるようにしてから落ち着いてくれるようになりましたし、今のところ本州への移動は8月下旬から9月上旬と考えていますので、その目標に向けて心身共に良化を図って行きたいと思っています、馬体重は470キロです」(7/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンター1本と夜間放牧、週2回周回コースで軽めのキャンター2400mと夜間放牧、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースと周回コースを織り交ぜた調教を行い、継続して夜間放牧を取り入れて進めています。放牧効果もしっかり出ており、見た目でも分かるほどに馬体にボリュームが出てきましたね。坂路調教では速い日にはハロン15秒を切るくらいのところまで進めていますが、余裕のある手応えで駆け上がってくれていて、順調に成長してくれています。気性面でも良い意味で大人しく落ち着いていて、以前にも増して扱いやすい性格になってきています。今後も馬の状態を見ながら、成長に繋がるように進めていきたいと思います。馬体重は444キロです」(7/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

別記事で先に書いたアストロフィライト以外の北海道で調整を進めているシルク・関西2歳牝馬の近況をまとめて。

エバーフレッシュは繊細な牝馬らしくピリピリしたところは窺えるも、この馬なりに馬体重を維持できるようになってきましたし、調教は順調に消化。良い方へ進んでいるのは確かでしょうが、馬格からもっと馬体重は増えて良さそうですし、フットワークに伸びやかさが出てきてくれればと思います。調教動画を見ると、前脚をたぐる感じなので、案外ダートの方が良いのかもしれません。

リヴィアは調教を継続しながら、まずは馬体重を維持できているのは○。操縦性に関しては引き続き良好ですし、扱いやすさは1つ武器になってくるのかなと思います。ただ、馬体重はもっと増えていいですし、調教動画を見ても、力強さが加わってきて欲しいところ。引き続きマイペースを守りながら、地道な成長を遂げていってもらいたいです。