焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

調教中に左前球節部を捻挫。騎乗運動をストップし、ウォーキングマシンでの軽めの運動に止められています。★アストロフィライト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト(牝・中内田)父ディープインパクト 母ウェイヴェルアベニュー 

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン調整

担当者「その後も週3回のうちの1回は坂路でハロン14秒のペースで登坂していましたが、体が引き締まってきたのと同時に、動きに硬さがなくなり、脚捌きがスムーズになってきました。コンスタントに速い時計を出していくにつれて、息づかいの感じや身のこなしが良く、また運動後に疲れを見せることもなく、飼い葉をよく食べて非常に良いコンディションを保っていました。ただ、この中間の調教中に左前球節部を捻挫してしまった為、現在はウォーキングマシンで軽めの運動に控えています。ここまで順調に進められていただけに、この頓挫は残念ですが、良いリフレッシュ期間と捉えて、暫くの間は治療に専念したいと思います。今後の課題といたしましては、調教時は集中しているものの、調教後など周りの馬を気にして落ち着かないところが窺えるので、精神面には十分に気を付けながら進めて参ります。馬体重は450キロです」(7/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイペースで乗り込みながら、徐々に体力を備えてきたアストロフィライト。捌きの硬さも軽減し、良い方向へ向かっていましたが、この中間、調教中に左前球節部を捻挫。騎乗運動を一旦見合わせ、軽めの調整で治療を優先することになってしまいました。

現段階で怪我の程度は分かりませんが、ウォーキングマシン⇒トレッドミル⇒騎乗運動と段階を踏んでいかないとダメになると思うので、騎乗運動の再開は1ヶ月ぐらい先になってくるのかな?というイメージ。まあ、ここで無理をして治療を長引かすことはダメなので、慎重を期して進めてもらえればと思います。また、ここに来て周囲の馬を気にして落ち着かないところが見られるようなので、この治療期間を有効活用し、精神面での幼さを解消させていってもらえればと思います。