焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【ロード】募集締切のアナウンスを受け、ポチッと出資しました。


f:id:yakifish:20200513050027g:plain グラストンベリー(牝・藤岡)父ロードカナロア 母アドマイヤシャイ

2021.07.06
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター2500m。

○当地スタッフ 「天候不順で1周1800mの広いダートが水の浮いた状態。脚元の負担軽減やアクシデントを防ぐ為、この中間は一度も入れていません。気分転換を兼ねて跨らずに動かすメニューのみ。凄く落ち着いた様子で、なかなか良いムードが漂っています」

2021.06.30
グラストンベリーは、7月中旬もしくは7月下旬に栗東藤岡健一厩舎へ入厩の可能性がございます。

2021.06.29
グラストンベリーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター2500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「トレッドミルも併用する形。リラックスを心掛け、メニューに幅を持たせています。相応に体力は備わっており、今の状態でもゲート試験を突破できそうな感触。この先も厩舎サイドと密に情報交換を行ない、出発のタイミングを計りたいです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2歳世代への出資は控えようかなと思っていたのですが、ポイントがそれなりにあったことから、1歳世代への出資が始まっている中で、ロードの2歳馬・1頭にポチッと。牡馬のロードガーディアンと少し悩みましたが、牝馬グラストンベリーに決めました。

早い段階から動きの良さを伝えられていた1頭ですが、調教動画ではサンクフィーユにしっかり付いていけていますし、やや首の高い走法ながらも集中して走ることが出来ているのは好感。その一方で課題はやはり馬体重。馬体が減ってきて調教を休むことはなかったですが、思う様には増えてきていません。その辺は初仔ですし、牝馬らしい繊細さが影響してるんでしょうねえ。

あと出資へ傾いた材料とすれば、美顔と共に血統。やはり母の母ブロードアピールに惹かれます。また、この母系ではシルクでブロードアリュールという牡馬(最後はセン馬)に出資。故障に泣かされながらも3勝を挙げてくれました。そういう繋がりも出資への後押しとなりました。まあ、母馬も父キンシャサノキセキながら、ダートの中距離で4勝を挙げる活躍。そしてジェイエスの繫殖馬セールにおいて、5000万でケイアイファームが落札・導入しました。ケイアイファームでまだ根付いていない血統というのも魅力の1つです。

まだまだ未知な部分は大きいですが、まずは無駄な怪我をすることなく1戦1戦を大事に戦ってもらい、早い段階で1つ勝つことが出来ることを願っています。そして息の長い活躍を見せていって欲しいものです。