焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(4歳牡馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードセッション

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「直近の計量で520キロ。順当にボリューム回復が図れています。ただ、両トモの球節に傷腫れが生じている状況。歩様には影響が認められぬものの、今しばらくは治療優先の予定です。ひとまずはウォーキングマシン。経過を観察しましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードベイリーフ

兵庫・ヒイラギステーブル在厩。ウォーキングマシン30分、角馬場でフラットワーク10~15分、ウッドチップ坂路コース・ダク+ハッキング1100m×1本→キャンター1100m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週末の稽古では軽く気合いを付け、ハロン13秒ぐらいまでペースアップ。動きは良かったですよ。背腰の状態も徐々に良化。もう特別な治療は要らないでしょう。森田先生には定期的に近況を報告。意見を交わしながら進めたいと思います」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セッションはレース後の回復が進み、馬体をフックラ見せているのは○。ただ、心配なのは両トモの球節に傷腫れが見られるとのこと。ひとまず歩様の悪化は見られないも、これは障害練習で負った傷だと思うので、障害入りに関してはスタミナ以外、強調できる点がないというのが現状でしょう。

ベイリーフは背腰の疲れが癒え、強めの調教を課しても軽快な動きを披露できるように。これで必要以上に治療は要らないと思いますが、疲れの症状を見逃さないようにお願いします。暑さにもしっかり耐えていって欲しいです。