焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

8日に帰厩。来週の阪神・芝1200m(牝)を斎藤Jとのコンビで出走します。☆ミスビアンカ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロアシャトーブランシュ

・在厩場所:8日に栗東トレセンへ帰厩
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:6月19日の阪神・芝1200m・牝(斎藤J)

高橋忠師「態勢が整ったことから、8日の検疫でトレセンに戻させていただきました。9日から乗り運動を開始していますが、馬の雰囲気は良いですし、リフレッシュの効果が窺えます。時間を掛けずにレースに向かうようにしてから、レース後の反動も軽く済むようになりましたし、コンスタントに使えるようになってきましたね。前走と同様に、今回も週末にしっかり時計を出して、来週の追い切りは心身ともに疲労が残らない程度に行うつもりです。なお、鞍上は初めてコンビを組む斎藤騎手に依頼しています」(6/10近況)

斎 藤 11栗坂良 51.7- 37.2- 24.1- 11.9 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で次走は19日の阪神・芝1200m(牝)を目指すことが決まっていたミスビアンカ。帰厩して10日で競馬へ臨むスタイルが一応確立できているので、日程を逆算する形で8日に栗東高橋義忠厩舎へ帰厩しています。

また、発表されてなかった次走の鞍上は斎藤Jに決定。ラブカンプーでCBC賞を逃げ切った印象が1番強いので、ダッシュ力のあるミスビアンカでも思い切った逃げを打ってもらえればと思います。

週末にしっかり時計を出すということでしたが、11日に斎藤Jが跨って坂路で猛時計をマーク。脚力はホント惚れ惚れするものがあるので、レースでは如何に気分良く、集中力を維持して走れるかに尽きます。このひと追いでグンと良くなると思うので、直前は馬体をふっくら見せることを意識してサラッと坂路を駆け上がる程度で十分でしょう。良い精神状態でレース当日を迎えて欲しいです。