焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

トモの踏ん張りが利かずに半歩出遅れる形でのスタート。好位を取れずに中団からの競馬になってしまう。直線ではインディチャンプが抜けてきた進路を利用しようとするも、同じところを狙ってきたグランアレグリアに反応負けして弾かれてしまう不利。ただ、ここがスムーズでも、上位争いに加わるのは厳しかったかも。気持ちと体が噛み合った走りが出来なかった。★サリオス


f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜東京11R 安田記念(G1・芝1600m)8着(3番人気) 松山J

最内枠からスタートは決めるも、少しずつポジションが下がり、中団からの競馬となります。直線では不利を受ける形となり、中団でゴールしています。

堀調教師「競馬場へ着いてからいつになく落ち着きがあって、蒸し暑いなかでもフレッシュな気持ちを持っていてくれました。パドックから返し馬へ向かう際も、適度に気合いが入って良い形でレースへ向かえたと思います。しかし、ゲート内ではソワソワとしており、何とかスタートこそ決めたものの、テンからあまり体が使えていなかったのかなと感じました。騎乗した松山騎手も『枠的にも好位につけたかったのですが、スタートして踏ん張ることが出来なかったので、良いポジションを取ることが出来ませんでした』と話しており、この点は恐らく右トモの弱さが原因で、軸が歪んでいたのではなかろうかと思います。また、3コーナー手前で前にフラフラした馬がいて、直線でも後ろから伸びてきたグランアレグリアに不利を受けてしまい、チグハグなレースとなりましたね。それでも、もう一度伸びているように気持ちが萎えなかったのは収穫でしたが、恐らくスムーズに運べたとしても2番手につけたトーラスジェミニを交わせたくらいでしょうし、見せ場という見せ場は作れなかったと思います。この春の一番の目標であった安田記念をこのような形で終わらせてしまい、非常に悔しい気持ちですが、この馬の能力はこんなもんじゃないと信じていますし、次こそは巻き返せるように頑張りたいと思います。今のところ上がりの歩様は問題ありませんが、中間の調整過程で歩様の硬さは気になりましたし、脚元特に元々弱い右トモはトレセンへ戻って重点的に見ておきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

この馬とすればスッキリ見せる。出駆けは少し硬め。後方のインでなだめつつ。直線は中の進路を狙うが、エンジンの掛かりが遅く、抜けてくるほどの脚はない。ラスト200m手前で挟まってブレーキを踏むシーン。それでもジワリと盛り返していただけにm不利がなければもう少し上の着順は狙えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に北海道・ノーザンファーム早来へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

堀師「トレセンに戻ってきて状態を確認しましたが、飼い葉はしっかりと食べていて、健康状態に異常は見られません。ただ、背中やトモには皮膚病が見られますし、馬体の張りも落ちてしまっている印象です。これまでの競馬後と比べてもダメージは結構大きくて、ウィークポイントである右トモを中心に歩様の硬さが目立ちます。全体的に疲れがあり、活気に乏しい状況ですから、この後は一旦ノーザンファーム早来へ放牧に出させていただきたいと思います。夏の間は過ごしやすい北海道でしっかりと立て直してもらい、秋以降の復帰を目指していきたいと考えています」(6/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

安田記念】どうしたサリオス!? 後方ままの8着で松山「取りたいポジションが取れず」(スポニチより)

3番人気に支持されたサリオスは不完全燃焼の8着に終わった。スタートでダッシュが付かずに後方からとなり、直線も馬群の中で反応ひと息。残り1F手前では狭くなるアクシデントもあって、見せ場すらつくれなかった。

松山は「スタートでトモの踏ん張りが利かず、体が付いてこなかった。取りたいポジションを取れませんでした」と肩を落とす。昨秋のマイルCS以降は枠や馬場などに泣くレースが続くが、このまま終わる馬ではないはず。秋の巻き返しに期待したい。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

松山Jはスタートの上手な騎手とはいえ、最内枠を引き当てた時点で『スタート、大丈夫かなあ?』と懸念していたサリオス。枠内で目立ってガチャガチャするところはなかったと思いますが、実際はソワソワしていたようで、後ろに重心が残ったままでの発進(スタート)。半歩ぐらい出遅れる形になってしまいました。ただ、二の脚は付いたことで道中はインの中団からの競馬。ギベオンがちょっとフラフラし、少し窮屈そうに追走しているのかな?と見えましたが、それなりに脚は溜まっているように見えました。そして直線へ向いてからはポジションをじわじわ外へ。確実に伸びていきそうなインディチャンプの進路を利用しようとするも、サリオスの直後にいたグランアレグリアも同じ狙い。少し進路が出来た時にスッと反応され、反応が鈍かったサリオスはパチンと弾かれることに。この不利というか攻防が全てでしたが、堀師がコメントしているようにここがスムーズでも掲示板の右隅にのれるかどうかぐらいだったでしょうねえ。

日曜日の時計を出すのを避け、その分、週中の追い切りを6ハロン追いなどにして対応してきたサリオス。厩舎スタッフは入念にケアを施し、何とか良い状態へと頑張ってくれたのですが、蒸し暑い気候も良くなく、デキは少しずつ下降線を辿っていたのかなと思います。走る気持ちは萎えていませんでしたが、体がしっかりついてきませんでした。

レース後のサリオスですが、全体的に疲労感が漂っている様子。皮膚病が出ていますし、歩様の硬さも目立つようで疲れが溜まっているのでしょう。この雰囲気だと立て直すのに時間を要しそうですし、苦労することでしょう。夏場は北海道で過ごす予定で、近日中に移動することになるでしょうが、それまでは厩舎で念入りに治療を施してもらい、出来る限りの回復を図ってもらえればと思います。

春2戦は残念な結果に終わってしまいましたが、このまま低迷を続けるのではなく、G1を取った底力を発揮し、再度のG1制覇を狙えるところまで盛り返してもらいたいです。そして今は出来るだけ早く、疲れが抜け切ってくれることを願うばかりです。