焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【近況】ここに来て馬体重が急激に減ってしまった様子。毛ヅヤも落ちているようなので、無理をさせずに一旦放牧へ。3日に滋賀・グリーンウッドへ移動しています。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードリライアブル

6月2日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。まだ全体的に良化途上の面を窺わせており、今後は6月3日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して夏以降のレース出走へ向けて心身の立て直しを図ります。

○清水調教師 「馬自身は元気。飼い葉も普通に食べています。ただ、体重が急激に減少して・・・。毛艶にも良化の余地を残す印象。無理を強いずに育成場でリセットし、その上でデビューを目指す方針です」

≪調教時計≫
21.06.02 助手 栗東坂良1回 53.9 39.6 25.4 12.7 一杯に追う エトワールジェンヌ(2歳新馬馬なりに0秒8先行首遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩後、ゲート試験合格までスムーズに進めることが出来ていたロードリライアブル。今後はデビューへ向け、追い切りを本格化させるのかなと見ていたところ、2日の坂路で53秒9-12秒7をマーク。僚馬に見劣った内容ではありますが、初めてビシッとやったことを考慮すると及第点の内容。これから本数を重ねていけば楽しみだなと見ていたら、ここに来て馬体重が急減しているとのこと。ゲート練習による疲れがドッと出たのか、普段からピリピリしたところがあって体力を消費しているのかなどその原因がハッキリしないのは悩ましいところ。3日に滋賀・グリーンウッドへ放牧に。千葉まで戻されなかったのは良かったかなと思います。

北海道での育成では常に速い組に属し、千葉へ移動してきたのも最初のメンバー。体力が備わっていると見ていたのですが、アッサリ牧場で再調整となってしまうのは寂しいところ。トレッドミルを導入したのは良かったですが、夜間放牧などしてもっと厳しくしないとダメなのかな?

まあ、幸いにして脚元等は大丈夫なので、まずは馬体重をしっかり戻し、その後はコツコツ乗り込むことで確かな土台を築き上げてもらいたいです。